新春恒例!今年白寿の加藤正子(99歳)さん宅訪問!

ここ10数年、
毎年恒例となっている、

熱海市和田町にお住まいの
「加藤正子」さん宅へ
午前10時少し過ぎに
新年の
御挨拶に伺ってきた。

今年、

白寿をお迎えになる
正子さんは、
玄関上がった先の居間で
いつもの様に
二人の娘さんに囲まれ
幸せそうな笑みを浮かべて、
小生の訪問を喜んだ。

加藤家には
二人のご子息がいた。

一人は長男の九三男氏(故人)。
もう一人が
次男の明貞氏である。

九三男氏は156歳の時、
胃がんで通れ、
今年17回忌が営まれる。

故人は

愚妻と幼稚園から
熱海後楽園の同期であり、
小生とも、
熱海後楽園オープン時から
親しくしており、
次男の明貞氏も
長年、

小生の
飲食業のスタッフとして
協力する等、
家族同様の
お付き合いをしてきた。

そんな関係で、

九三男氏の没後は
毎年欠かさず、
新年の挨拶を兼ねて、
仏前に線香を手向け、

正子さんの
ご尊顔を拝しながら、

今年も、

故人や次男の
昔話に花を咲かせ、
娘さん二人と共に
大笑いがでたところで、
ツーショットを撮り
加藤家を後にする。

正子さんは
耳も声も正常で、
ビールを嗜み時折
大好きな
パチンコに興ずる等、
とてもとても、
来年100歳を迎えるとは
思えないほど、
明るく元気な
おばあさんである。

最も、

二人の娘さんが
常時話し相手となり、
お世話をしていることも、
長寿に
繋がっている。

今年の4月が楽しみだよ!

小生の掌の
マスカケ線を触りながら、
加藤正子さんに励まされ、

来宮神社の元旦祭から、
今年も縁起の良い、
スターートとなった。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment