髙橋弘会長(万葉倶楽部)の自伝”わが人生”(115) ー未公開株をめぐる反社会勢力との闘いー

花の館・・染井で開催された
池田修一氏(JSOトップス)監修の
K-popディナーショーに
関する記載は先送りして、

先ずは、

来週29日水曜日に

創業60周年を迎え、
箱根天成園にて

祝賀謝恩会を開催する
髙橋弘会長(万葉倶楽部)の自伝
”わが人生”の
ブログ版第115回目を掲載する。

//////

(未公開株をめぐる反社会勢力との闘い)

ーその四つの相手が保有する
日本ジャンボーの株は、

借金してでも
買い戻す覚悟を決め、

一ヶ月ほどかけて、
各方面におわびと事情の
説明をしに行きました。

最後に行なったのは、

丁寧にサポートしてくれた
証券会社でした。

ここで言われた一言が、
私の決意を揺さぶりました。

1990年ごろ。

株式公開の準備を進める
「日本ジャンボー」に、

未公開株をめぐり
反社会的な要求が
相次ぐなどしたため、

私は
公開をやめる決意をしました。

準備段階でお世話になった
機関や会社におわびに回り、

さいごに
ある証券会社に行ったときです。

突然の訪問だったので、
とりあえず
担当課長が応対してくれました。

(つづく)

 

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top