金融機関の健康延伸産業に対する取組み。(1)

事務所の写真を整理していたら
実弟夫婦の結婚式の写真が出てきた。

IMG_1286

今は亡き実母を真ん中に、
明、有司、憲三の佐藤家3兄弟の
30数年前の記念写真をブログに載せて
今日は久しぶりの上京である。

その前のブログは、

これまでに掲載している、
「地域包括ケアシステム」に関連する

みずほ銀行と健康延伸産業への
取組みについてセミナーで受けた
内容の一端を公開する。

川崎市の老人ホーム元職員による、
入居者殺害事件から見えて来る、

介護職員の過酷な労働条件と薄給。

後期高齢者ゾーンが迫ってきた
我が身になって考えれば、この先
増え続ける高齢者対策には
各自治体の財源事情を踏まえつつ、

真摯に、「地域包括ケアシステム」への

早期取り組みと介護予防及び
健康延伸産業誘致と支援を要請したい。

特に高齢者率静岡県下一の
熱海市職員と介護施設職員との
大きすぎる給与格差を是正して、
ストレスのない環境整備を求めたい。

さて、それでは「みずほ銀行」の
産業調査部が作成した

異業種連携による健康寿命延伸産業の
課題解決についての
仮設資料を公開しよう。

高齢者の生活状況と健康状態は様々である。

これを一体的にして
付加価値を向上するには、

食品、医薬品、医療機器、
日用品、薬局、ICT(情報通信技術)、
教育、保険、外食、機械、
フィットネス、警備、人材、サービス、

医学を一体化した運営事業体
(プラットホーム)が

重要とのデーターをまとめている。

地域ヘルスケア産業支援ファンド
成長段階のヘルスケア事業者に

出資や経営人材投入に関する
取組み例として、

支援ファンドの流れと狙いについて、

みずほとそのファンドグループである

◯AGSコンサルティング、
◯REVICキャピタルが、

地域支援ヘルスケア産業支援ファンドに出資し、
そこから異業種事業者共々新たな
ヘルスケア事業を支援していく。

(つづく)

 

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment