沼津市明治資料館訪問。

今朝は台風18号の北上と秋雨前線の影響で
雨が降り続いており、愛犬との定番散歩はパスし
自宅駐車場内だけで切り上げ中央町の事務所にて、

昨晩届いていた役所とのとある契約書コピーに、
説明と挨拶文を添付して沼津市内の知人宅に
郵送するため宅配便を完了し、その後に

市内の老舗旅館に入る。待機していた、
南熱海のS家具店店主からスタイロ畳の見本と
食膳や食卓テーブルのカタログを預かる。

午後から沼津市の明治資料館を訪問する為
飯田慎一氏とが待つ沼津駅北口に車で向う。

昼飯は「千楽」駅北口のハヤシライスと
ポテトサラダと決めていたのだが、途中で、

今ハマっている丸亀うどんの大看板に惹かれ、
ハンドルを切ってしまった。かけうどんに
野菜のかき揚げ天をトッピングに、ネギと
すりショウガを多めに丼に入れてかき揚げの
油っ濃さを中和して満足の昼食を済ませた。

約束時間より10分程早く駅北口に着いたが、
既にベンチに腰をかけていた慎一氏を乗せて、

資料館へと向う。国一線沿いに建つ煉瓦造りの
目立つ資料館だった。館内で待機していた

木口亮学芸員の案内で、飯田豊二及び
飯田耕一郎関連の寄贈されてある文献を閲覧、

既に飯田慎一氏が配布していた観光振興プラン

飯田豊二と成島柳北を軸に、台湾・高雄と
静岡(沼津市・熱海市)を結ぶ企画書についてと
今後の希望的展開等、3者でテーブルについた。
(つづく)

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top