• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 金子芳正議員(公明党)今期で引退。長い間ごくろう様でした。

金子芳正議員(公明党)今期で引退。長い間ごくろう様でした。

昨日の鎌田議員に続いて、今日の本会議3日目は既に
引退を表明していた金子芳正議員(公明党)が最後の
登壇を独特のカネコ節で締めくくった。3期12年、
ホテル業界出身なだけに基幹産業の今ソコにある、
危機感を代弁する、小生と気の合う議員の一人だった。

引退する心の中を斟酌できなかったものの、今後、
党の若手に譲ったその経験を今後も機会ある毎に
市議会のご意見番としてお付き合いして頂くことを
願いつつ、金子氏登壇前に記念のツーショットを撮る。

さて、午後1時50分に登壇した小生の前置きを綴る。

・・・・・・・・・・・・

ー(熱海市政調査会)村山憲三でございます。
只今より質疑質問をさせて頂きます。
さて、この4年間を振り返ってみれば、熱海温泉は
東日本大震災に始まり計画停電による、
あわや、基幹産業消滅の大ピンチを乗り越え、

篤志家の協力もあり、

「梅園」や「糸川沿いのあたみ桜」、或は
「お宮緑地のジャカランダ公園整備」等、
観光資源のインフラ整備が完成したことや

ADさんいらっしゃいのメディア戦略もマッチングし、

現在はホテル旅館の宿泊施設を始め、熱海駅周辺
商店街を中心に多くの観光客でにぎわいを見せており、

田辺副市長のブログでも平成26年度の宿泊数が
294万人に回復し、リーマンショック前の
水準に戻ったことが発信されており、

復活の手がかりを演出した齊藤市長と
田邊副市長の行政手腕を素直に認めたいと思います。

ただ、この景気がどの程度税収に結びつくのかは、
昨日、基幹産業を代表する佐藤元昭議員からも
ご指摘されております。また、  熱海駅周辺の

一極集中から銀座通りを含めた旧市街地に
お客が流れる仕組みづくりがスムーズに運ぶのか、

あるいは、老朽化した旧市街地の共同ビルの
立て直しをどう急ぐのか、課題は山積されたままであります。

しかしながらこの勢いを持続するためには官民協働で
新たな企業誘致や雇用促進に関するプランを立案し、

加速化する高齢化率43%への歯止めが
喫緊の課題なのは皆様ご案内の通りであります。

(つづく)

金子氏と

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment