• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 熱海中心市街地再開発問題。東銀座町通り商店街建物劣化の急と当局の考えを質す。

熱海中心市街地再開発問題。東銀座町通り商店街建物劣化の急と当局の考えを質す。

今日は東銀座通り商店街共同ビルの地権者の一人
久保田設計事務所所長を控室にお招きする。同席した

菊池まちづくり課課長を前に小一時間程話し合った。

ここに至る経緯は、小生が11月定例会で質した
東銀座商店街共同ビル街は築60年以上経過している上に
空洞化が進み耐震的にも問題を抱えており、単独売買も
不可能な状況を黙視する熱海市の対応について質問する。

これに対して当局側は、山田観光建設部次長が答弁、

ー防災建築街区造成事業において建築された建築物が
空洞化、耐震性に劣る等の問題を抱え、市として
この状況をどう考えるかとの質門に答弁いたします。

熱海市では、昭和27年に制定された耐火建築促進法が
発展的解消され、その基本的内容を受け継つぎ、

昭和36年に防災建築街区造成法の誕生を契機として全国の
中小都市に先駆け、都市の不燃化に取り組んでまいりました。

議員ご指摘の通り、重要な問題提起と捉え、
行政として何ができるか等の観点で、県の担当部署と
緊密に連絡を取りながら対応してまいります。しかし、
早急な動きは難しいことで有りますが、

議員におかれましても、関係者等の意見の
とりまとめなどにご尽力をお願いしたいと考えておりますーとの

答えが返ってきたのである。また、関連する再質問と
当局側の答弁に関して明日詳しく掲載したい。

久保田菊池

 

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment