• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 伊豆で最初の、そして伊豆で最後のお蕎麦屋さん。「加賀そば」さん。

伊豆で最初の、そして伊豆で最後のお蕎麦屋さん。「加賀そば」さん。

愛犬ふ〜と散歩の後、愚妻と湯河原町の病院を訪問した。昨年末知人が、
交通事故に遭遇し足を骨折して入院しておりその見舞いに訪れたのだが、
全国的に名の知れた病院の受け付けで患者の部屋番号を聞けば、なんと
昨日退院したというではないか。おいおい、である。
今月一杯は入院と聞いていたので、電話で当人に退院の理由を尋ねる。

どうやらインフルエンザの院内感染を防ぐための配慮のようだ。
肩すかしを食っ後、泉地区に足を伸ばし2~3軒支持者宅を訪問して
新年の挨拶を終えた後、午後12時を回っていた事もあり、お腹も空いたので、

国道135号線大黒崎にある、伊豆で最初の、そして伊豆で最後のお蕎麦さん
「加賀そば」にて昼食にする。ここは高橋弘会長(万葉倶楽部)ご贔屓の店だ。
注文したのはミニ天丼セット(750円)。食後、セットの珈琲を啜りながら、
ミニ市政報告に笑いを噛ませ、夫婦円満、笑売繁盛を地で行く

小川店主ご夫妻を今日のブログの写真にお願いしてiPhoneで撮り、そのまま
上多賀の知人宅から新年の挨拶を始める。途中、上多賀のマルタヤ食品と

網代の〆竹商店に立ち寄り、福道の充填工場で仕込んできた、
ミネラルウオーター(丹那湧水)を詰めた3ガロンボトルを届ける。ここでは、
打ち合わせ済みの商品作りをお願いする。今日はこの他、愚妻と共に
下多賀中野、網代地区の知人宅への新年の挨拶回りに半日を費やした。また、

今夜は月一親睦会(佐口会)があり、ここでも笑売繁盛をモットーに
リゾートマンション販売の第一人者であるロイヤルの店長等から、
熱海を求めるユーザーの動向等の情報を聞きながら、アベノミクスの熱海への
前倒し波及効果を斟酌しつつ、今後の熱海の方向性についてそれぞれが意見交換しました。

加賀そば小川ご夫妻
加賀そばミニ天丼ランチ

 

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment