デジタルハリウッド大学公開講座のご案内

今日は敬老大会。小生も数年後には皆さんの仲間入りとなる。ただ今のところは、
元々体が丈夫なのか、それとも、断酒が効いているのか、喰い続けている黒ニンニクか。
DR藤井処方のサプリメントか、毎朝続けている骨盤体操とストレッチ、あるいは、
坂本豆腐の豆乳が良いのか、愛犬ふ〜とのリラックス散歩が功を奏しているのかは不明だが、
年は喰っても気力は些かも衰える気配が見えないのは、ありがたいことである。と、
小生の健康法を添付し、新・敬老大会(熱海後楽園)の案内とする。さて、

今月末の30日、秋葉原にあるデジタルハリウッド大学にて、
高橋光輝准教授(ストーリーデザイン大賞審査委員長)と面談する予定だが、

先日メールにてご案内のあった、明日開講の公開講座についてご案内したい。

大ヒット連載『ドカベン』『グラップラー刃牙』を生んだ!

漫画雑誌。沢考史編集長が語る、
『週刊少年チャンピオン』というユートピア
~編集長の仕事から人気漫画の制作秘話、
新人漫画家の発掘まで、漫画誌の編集ノウハウを大公開~日時:2012年10月4日(木)20:00~
会場:デジタルハリウッド大学・秋葉原メインキャンパス
==============================================
ITビジネス・英語/留学・クリエイティブを学ぶ、
デジタルハリウッド大学では、『週刊少年チャンピオン』の編集長
沢考史氏(秋田書店 週刊少年チャンピオン編集部)をお招きし、
公開講座を開催いたします。1969年7月に創刊し、1970年6月に週刊化した
『週刊少年チャンピオン』は、他の週刊少年漫画誌と比較すると、
自由な作風で個性の強い漫画が数多く掲載されてきました。
◆週刊「少年チャンピオン」の大ヒット連載(一例)『ドカベン』(水島新司)
『マカロニほうれん荘』(鴨川つばめ)
『ブラック・ジャック』(手塚治虫)
『がきデカ』(山上たつひこ)
『本気!』(立原あゆみ)
『範馬刃牙』(板垣恵介)これまでに上記のような大ヒット連載を生み、現在では、
『クローバー』(平川哲弘)、『毎度! 浦安鉄筋家族』(浜岡賢次)、
『弱虫ペダル』(渡辺航)などの人気漫画が誌面を盛り上げています。今回は、沢編集長自ら、漫画誌の編集ノウハウを大公開!
あの人気漫画の制作秘話、新人漫画家発掘とデビュー、目利きのポイントなど、
実例をもとに語っていただきます。◆公開講座でこれが聞ける!・編集長の仕事ってなんだろう?
・ずばり、編集長になるには?
・編集長に必要なスキル
・漫画家とのコミュニケーション
・漫画家のデビューの方法
・漫画家の報酬や生活実態将来漫画編集者を目指す方、
漫画家を目指す方、◎公開講座の詳細
http://www.dhw.ac.jp/faculty/lecture/※満席時にはお断りをさせていただく場合がございます。
※本講座は本学の学生以外に、
一般の方ならびにマスコミ関係者も参加される予定です。

【講師】
◆沢 考史 (さわ たかふみ)
1965年2月生まれ 47歳
株式会社秋田書店 週刊少年チャンピオン編集長

社歴
1989年入社
89年~97年 週刊少年チャンピオン編集部(部員)
97年~2001年 ヤングチャンピオン編集部(部員/副編集長)
01年~02年 新雑誌準備室(編集長)
02年~05年 チャンピオンRED(編集長)
05年~ 現職

主な担当(立ち上げ)作品:
グラップラー刃牙(板垣恵介)
*以上 週刊少年チャンピオン
剣の舞(岩明均)
松田優作物語(宮崎克×高岩ヨシヒロ)
*以上 ヤングチャンピオン

シグルイ(山口貴由)
疵顔-スカーフェイス-(板垣恵介×山内雪奈生)
*以上 チャンピオンRED

【モデレーター】
デジタルハリウッド大学 准教授 高橋光輝

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment