熱海「初島ところてん祭り」へ

終わってみれば、あっという間の統一地方選挙だった。そして、
振り返っていれば光陰矢の如しの、一年間である。今朝、
初島ところてん祭りの初日、熱海市議会の自民党系議員4人と
熱海港から富士急のイルドバカンス3世号に乗船して目的地に向かった。

今朝も早めに愛犬ふ〜と山の手コースを散歩する。自宅を出た際には、
多少曇っていたが昨夜の強風や突風は姿を消していた。途中、
初島行きには影響がない程度の小雨が降りだした。傘を携えて乗船場に入る。
初島行きの家族連れで混んではいたが、やはり、東日本大震災の影響による、
自粛ムードから完全には解き放されていないという、印象を強くする。

予定通り、イルドバカンス3世号は午前10時30分に出航した。
行きの船内は多少空席が目立ったのは、好天の島の魅力を堪能したい来誘客が、
今日の愚図ついた天候を避けたためだと推測する。案の定、
初島港には帰りの便を待つ来誘客が列をなしていた。若者や家族連れの多さから、





コストパフーマンスの高い初島の魅力を推し量る事が出来た。

特設会場でところてんを試食して、同尞議員とともに、
島の入り口に並ぶ各店舗を訪問して市議選の挨拶を済ませ、
同尞議員が推薦するその中の一店に腰を落ちつけ、初島ならではの、
活き造りに舌鼓を打ちながら、市議会会派の今後の編成についてや、
明日の第2回緊急経済対策代表者会議での流れや、
5月臨時議会や6月例例会での当局に対する課題等を話し合う。また、
工事が遅れている避難階段を視察する。ここは震災を想定して、来誘客や島民など、
港からの避難手段に不可欠な命綱。早期修復について当局の考えを質すことに。

初島港を後にしたのは、定刻通り午後1時25分。同尞議員とは、
熱海港で解散したあと、小雨まじりだったが、選挙戦の後始末に歩いた。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment