斎藤発言(熱海市長)、市議会全員協議会の場に。

午後8時26分東京駅発の名古屋行き(こだま)に乗車して、熱海駅に着く。
今日は、高須基仁氏(モッツ出版)の熟女コンテストに顔を出すついでに、
ドクター水素水でお馴染みの㈱FDR・フレンディアの 企画営業部
竹下 史城
氏(セールスマネージャ)と、新宿歌舞伎座側のルノアール(喫茶店)にて待ち合わせ、
懸案である業務用水素水に関する意見交換をする。業務用容器のデザインは
水と水素が撹拌しやすい装置が不可欠なるのだが、コンパクトにまとめられるかと、
交換時期など、これまで以上に知識が広がった。熟女コンテストに関する話しは、
後日にして、これ以外の動きを振りかぇってみる。




高橋弘会長が自宅に来たのが、午前8時30分。ある、案件についての確認と、
12月1日(水)に予定している、小生の
市政報告会兼異業種交流懇親忘年会に関する式次第等など、ザット話し合う。その後、
愛犬ふ〜との、観光港芝生広場を散歩して、役所に顔をだす。用件は2点。
それぞれ案件にそって担当職員に資料を持参して貰ったり、意見を聞く。一つは

生ゴミ処理と堆肥化についての規制についてと、もう一点は、
市有地無償貸与の期限が切れる駐車場に関する情報収集である。この駐車場、
看護学校計画敷地として確保していた、3,987平方メートルが、とある、
老健施設運営法人の関連敷地として無償貸与されている。この運営法人に関しては、

施設開設当時から、幹部職員の露骨な天下りや内部告発が続発したことで、
議会でも小生を含めた複数の議員が質問に立っている。施設運営のチェックを迫るなどして、
運営法人に対する市民の懐疑的視線を吸い上げて、当局に迫った。最近では
改善されたのか、ガードがかかっているのかは推測の域を出ないが、
トンと内情が外部に漏れてこない。ただ、相変わらず、天下りは続いている。小生、

公募当初からこの運営法人に対する、
財務上の基盤その他の情報を基に、この運営法人への不信感は未だ払拭されていない。
財政が逼迫する最中、市有地貸与の期限切れをむかえるが、
天下りを黙認する形で、無料と云う便宜を払うのか否か、
斉藤市長がどのような決断を示すのか、注目される。さて、決断と云えば、

斉藤市長が日経新聞静岡版(13日付)に掲載された、インタビューで、
観光業界と行政癒着、ロビー活動への断を下した発言問題が、ついに、25日午後3時から、
熱海市議会全員協議会の場にて、その真意を質すことに。小生、
これまで議会活動を通して、市政の私物化を糾弾してきた議員の一人として、
不可解な巨額滞納と不能欠損処理について、何度も議会で質してきたが、守秘義務を楯に
その問題をこじ開けることが不可能だっただけに、
市長が、ガンとして、発言撤回を拒否したことで、開かずの間が開かれるとなれば、
必然的に、天下りや市有地の貸与問題などにもメスが入り、
新生熱海に向けて、一歩前進することにもなり期待は大きい。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment