「熱海マリーナ」で、シーズン到来を予感する

”ブログ”ネタに詰まれば、「愛犬ふ~」との散歩風景か、
「熱海マリーナ」まで出向いて話題を仕込んでから、行間を埋めることが間々ある。
今日は、それとは別の目的があって訪ねる。目的といっても、金銭貸借の類ではなく、

熱海マリーナ桟橋にて
熱海マリーナ桟橋にて
熱海マリーナ
熱海マリーナ
「熱海マリーナ」雑用引き受け担当(本人曰く)
「熱海マリーナ」雑用引き受け担当(本人曰く)

熱海市議会6月定例会3日目の今月25日は、小生の登壇予定日で、
三浦正浩等の訪中グループが傍聴するが、その日は熱海に一泊し、
翌日、彼等グループが新たに立ち上げた法人の役員でもある、
小林常男氏(熱海マリーナ社長)を囲んでの、バーベキュー親睦の予約を入れることにあった。

今日は、ラッキーディとなったのは、
夏に向けて試運転に来たクルーザーのオーナーをご紹介頂いたことだ。そのオーナーは、
日本の音楽界では名の知れたプロダクションのトップで、
内藤やすこ、香西かおり、徳永英明、つちだりか、
岩出和也、桜井くみ子さん等が所属する、プロダクションオーロラの社長だった。
小林社長からは、古くからの仲間でもあり、
熱海大好き人間の一人でもあると紹介される。イベントでまちおこし、
一瞬、新たな光が射すような出会いだと、内心、ビンビンと感ずるものがあった。
そうなれば、以心伝心の小林社長に任せて、長居は無用。
26日の念押しをして事務所に戻り、愛犬と午後の散歩に出る。熱海港周辺では、
公園や路肩に咲く草花を撮っていると、散歩途中の顔見知りの方から、

ー芝生広場内が中途半端は雑草の刈り取りだが、何時、綺麗にするのかーと、問われ、
観光施設課に電話を掛けると、防災訓練までに仕上げるとの回答だった。

観光港芝生広場は、熱海市最大の観光資源となる可能性を秘めている。事実、
昨年までの2ヵ年で野外コンサートによる集客は実証済みで、今後も、
熱海再生への重要なロケーションとして、多くの市民が活用を望んでいる。

ただこの場所、噂の範疇に過ぎないのだが、
アウトレット誘致の話が漏れ聞こえてくる。つい最近も、イオングループが、
ミニアウトレットを視野に、終末処理場の下水道配管を移設するなど、既に、
パーキングタワー建設の青写真が出来ており、斉藤市長も
認可の方向で動いているようだ、との未確認情報が実しやかに流れている。

去年埼玉では、M企業系のアウトレットが閉鎖に追い込まれるなど、
どこもかしこも”アウトレット”ストア誘致に右習えする
地方自治体の苦しい舵取りが話題となっており、熱海市の場合、交通アクセスの問題や
宿泊客に結びつけるような”ブランド”誘致が必須条件となるだけでなく、
今さらながらの、3番煎じ誘致を観光戦略とするとは考えにくく、芝生広場こそ、
「多目的イベント会場」として、通年活用する施策を期待しつつ、散歩を終える。

散歩から事務所に戻ると、小林社長から電話が入る。
ーお~い、話しておいたぞー、よしっ、来た。である。今日もいい日となった。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment