• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 中国山東省ウィファン~日照~青島。往復600キロを走る

中国山東省ウィファン~日照~青島。往復600キロを走る

旅慣れているはずの小生だが、
昨夜は、寒さに震え、
ズボンとタートルセーターで、
一泊3,500円という、
リーズナブルなホテルの夜を耐え忍びつつ、
無駄を省こうと、
地元の顔を生かして予約してくれた、
「王」さんの顔を潰すまいと、
朝食をご一緒したが、
他のメンバーからも、
ー急に寒くなったようで暖房があまり利かなかったーと、
「王」さんの好意をくみ取りつつ、
全員が寒さに震えたようで、松本哲治氏を除いた全員が、
シャワーを浴びず完全防寒スタイルで、
板のように固いベッドで夜が明けるのを待ったようだ。
そんなこんなで、
日照市の水産加工会社「日照美佳食品公司」に向かう前に、
「イボウ国際金融大酒店」(WEIFANG INTERNATIONAL HOTEL)に、チェンジし、
全員の荷物を預け、
昨日訪問した商社、
「出口商品基地建設公司」の、
横綱朝青龍似の「付」さんの案内で、
s-DSC00108.jpg
一行8人を乗せたワンボックスカーで、
ウィファン市から日照市、そして青島市と、
同じ山東省内にある水産加工会社3社を訪問するため、
s-DSC001450.jpg
片道300キロ、
往復600キロというハードな行程に臨んだのである。
メンバーは、
さすぼし蒲鉾の小野部長と通訳の王さん。(写真左より)
s-DSC001151.jpg
松本哲治氏、さすぼし蒲鉾古牧社長と
塩野スカイパートナー社長(写真左から)、
s-DSC001162.jpg
小生と運転手さんの合わせて8名。
昨今の輸入食材に関する安全管理の問題で、
中国への信頼度が問われる中、
野菜や水産加工品など、
日本への食品輸出を軸に経済成長を続けてきた
中国山東省だが、
サブプライムローン等による、景気減速のあおりを受けているのか、
ここにきて、輸出にブレーキがかかっており、
今日訪問した食品加工会社2社も、
国や商社の方針に沿って、
イギリスを始めとしたヨーロッパ方面へシフトしているという。
ただ、工場内を見学して確信したのだが、
食品衛生面においては、
徹底した管理体制がひかれており、
水産加工品の製造過程に立ち会ってみて、
問題点の絞り込みが可能となってくるのだが・・・・・。
s-DSC001233.jpg
さて、ホテルのグレードは上がり、
各部屋にはネットフリーのPCが備えてあるものの、
持ち込みのモバイルから、
静止画添付のブログアップに時間がかかっているが、
今日4日は、
熱海市議会12月定例会での、
質問通告書の締切日である。
もっとも、出国する前に提出済みではあるが、
山東省でのビジネス交渉については、
前記したように、
訪問先も多く時間的制約もあり、
まず、通告案件も挟んでご案内することに。
///////// 憲三の12月議会 通告書 /////////// 
1、斉藤市長は

世界的景気減速が
熱海に及ぼす影響をどのように捉えているのか。また、
窮地に陥らないよう、
どのような打開策をもって観光戦略とするのか。
2、特養施設伊豆海の郷への駐車場新規貸与を、
担当常任委員会や議会の承認を得ることな
く3年間の期間延長を決めたが、
秘密裏に締結するような“密約”が存在するのか。また、
ないとするなら、
白紙撤回して新たに検討できないのか。
3、今年度職員退職者数と退職金総額。
その最高額と最低額、平均金額を開示し、
退職金が退職手当債で補填しているとすれば、
市民への負担はどのような形で圧し掛かってくるのか。
  (つづく)

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment