韓国、円高還元で日本人観光客倍増か。

今朝は9時に
ホテル一階ロビーにて、
松本哲治氏(タックワールド)と待ち合わせ、
国際市場にある、
韓国式整体マッサージ「ACE」治療院まで、約30分、
散歩方々の早朝ウオッチングの約束をしていた。
   (東横イン2013室松本氏の部屋から釜山港を望む)
s-DSC00037.jpg
s-DSC00035.jpg
宿泊代金4千円強で(会員)朝食付き、
コーヒーも飲み放題とリーズナブルな釜山東横イン。
今朝も1階フロント周辺は
ご覧の通りの大入り満タン・大盛況で、
宿泊客の7~8割は、
買い物目当ての日本人旅行者だと、
フロント係は質問に答えた。
s-DSC00033.jpg
それにしても、で、ある。
昨日のソウルといいプサンといい、円高還元の恩恵を期待する、
日本人旅行者をみれば、
世界的景気後退の実感が湧いてこないと同時に、
なんとかして、
観光地熱海が沈没しない、即効性ある観光戦略について、
12月定例会では、
斎藤市長から直にお応え頂くよう、
通告案件として提出しなければならない。
散歩を前に、
松本氏の部屋から釜山港を写し、
テーブルの上にあった、
11月27日付の「産経新聞」を開けば、
”大阪ニュースワイド”欄に、
”中国、韓国からの旅行者、大阪急増”という見出しが目に飛び込む。
但し、サブプライムローン問題が破裂する前に、
平成20年度上半期(1月~6月)のデーターで、
現況に則していないのかもしれないが、
近畿運輸局がまとめ、
大手新聞が掲載した記事である。
参考までに抜粋させてもらうと、
近畿2府4県への
外国人旅行者の延べ宿泊数は、
前年同期比12,6%の217万人で、
全国の伸び率7,3%を大幅に上回っている。
そのうち、
宿泊を伴う外国人旅行者数の1位は”韓国”で、
2位が台湾、3位が中国、
続いて米国、香港の順で、
東アジアからの旅行者が圧倒的に多い
前年同期比の伸び率も出ており、
中国41,0%、韓国が23,3%増と顕著で、
大阪へは131万人、京都47万人と高い伸び率を示している。
このほか、兵庫、奈良、和歌山県はいずれも、
外国人旅行者は増加しており、
近畿運輸局は、
近畿の状況をまとめることで、
地方自治体や観光業者などが、
新たな取り組みをする上で参考にしてほしいと、話しており、
特に、熱海は、
梅園内に「韓国庭園」施設を備えており、
斎藤市長にとっても、
小生の質問は、
当選以来の公約である、
”観光戦略”に対する明確なビジョンが示せる、
絶好の舞台となるよう期待したいものである。
さて、今日の日誌は、
時間の関係で明日以降として、
昨日の、ソウル出発前に時間を戻せば、
前日、自宅を訪問し歓迎を受けた、
テイさんご夫妻と
s-DSC09948.jpg
宿泊した「ロッテホテル」地階のレストラン特別室で、
朝食をご一緒しながら、
テイさんが販売権を持つ、
消滅型何ごみ焼却機用酸化剤を、
これまで、日本で持ち歩いた人物について、
覚書や契約書の類のコピーを見せられながら、
問題点と今後の展開について、委託されたのだが、
この場での即答を避け、
松本氏が持ち込んだ、
佐口農園の”生にんにく”をヤンさんにプレゼントすると、
大きさ形に感心しつつ、
来月中にでも熱海を訪れ、
”生ゴミ焼却”についての具体的な展開についてと
佐口農園を視察したいと、日程調整する。
    (佐口農園の生にんにくにサプライズのテイさん)
s-DSC09952.jpg
昼食を済ませたあと、テイさんの奥方に、
免税店を抱える「ロッテデパート」特別室に案内され、
セレブな気分で珈琲タイムを楽しませて頂いた。
特別室では、
備え付けてあったPCを開き、
過日「松阪市」でテストに立ち会った際の記録を掲載した、
ブログを開くと、
ご夫妻に、目を丸くして、
テイさんが登場する場面と12月議会の動画を、
熱心に見て頂き、
s-DSC09956.jpg
松本氏は、
一人歩きした生ゴミ消滅酸化剤の覚書に関する、
委任状をシッカリと受け取り、
s-DSC09964.jpg
午後1時ソウル駅発
プサン駅行き新幹線(KTX)に間に合うよう、
タクシーに乗った。
s-DSC09980.jpg
s-DSC09982.jpg
s-DSC09986.jpg
s-DSC09987.jpg
新幹線は前回同様、グリーン車を奮発する。
前回は佐口静雄氏(佐口農園)と利用したが、
ミネラルウオーターに新聞(ハングル文字のみ)、飴は無料、
イヤホーンにアイマスクは持ち帰り自由と、
日本の新幹線にはない、
サービスの恩恵に与っており、
今回はお客の反応も観察したかったのだが、
車内食(1000ウォン約700円)で目頭が閉じ、
s-DSC09994.jpg
s-DSC09995.jpg
気が付けば「プサン駅」近くとなり、
観察どころか、
身支度するのも慌ただしくホームに飛び出した。
ここまでが、プサンに到着するまでの
昨日の粗筋である。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment