熱海市議会第3日目終了。台風13号接近。

今朝は6時に起床、
テレビの台風情報に釘付けとなる。
四国沖に北東に進み、
今夜半には、
伊豆半島に上陸する勢いである。
ここ数年来の、
熱海港観光施設周辺への、
台風被害によって、
莫大な費用をかけて、
復旧作業を続けており、
”気がかりな”自然現象に翻弄されながら、
雨が降り止む、
午前8時過ぎから、
「愛犬ふ~」と、
熱海港観光施設周辺を散歩する。
現場では、
台風に備え、
小生が議会に提案して実現した、
”移動式”海釣り施設を、
避難させる準備が始まっていた。
散歩を終え、
熱海市庁舎に入る。
熱海市議会9月定例会、
第3日の開会までの時間を利用して、
議会事務局にて地元紙を開けば、
昨日2日目本会議での、
各派代表からの質疑内容と、
当局側のコメントとともに、
国交省が発表した、
7月1日現在の地価調査(基準値)の結果が掲載されていた。
熱海市の場合、
駅前「田原本町」や銀座町の商業地が、
約2,7%と小幅な上昇を見せていたが、
リーマンブラザーズの倒産によって、
活発だった、
熱海市内のリゾートマンション開発計画も、
一気に陰りを見せた感が強く、
熱海市内に、
大きな開発事業を展開している、
上場不動産会社も、
ファンドが離れ、
倒産が懸念されたのだが、
優良資産、”健全経営”が評価され、
オリックスから、
100億円超の融資が発表されたものの、
中小企業や零細企業が多い、
熱海の基幹産業に対する、
金融機関からの、
融資抑制はますます厳しさを増し、
鼻くそ程度の、
基準値上昇では”担保価値”は望めない。
さて、案の定、
午後5時13分に、
台風13号の接近による、
「熱海市警戒本部」設置の知らせが、
議会事務局よりファックスで届いた。
で、
本会議第3日目は、
昨日に引き続き午前9時30分より開会され、
爽心会の、
佐藤元昭、藤曲敬宏、川口健、杉山利勝の各議員、
s-DSC04766.jpg s-DSC04772.jpg
s-DSC04780.jpg s-DSC04788.jpg
公明党の金子芳正議員、
共産党の井沢共一議員が登壇し論戦を展開した。
s-DSC04798.jpg s-DSC04812.jpg
・・・・・憲三の登壇前置き・・・(2)・・・・・
アメリカの大手証券会社が経営危機に陥り、
「リーマンブラザーズ」が、
64兆円という巨額な負債を残して倒産いたしました。
この影響が、
日本にどこまで拡大するのか
予断を許さない事態となっていますが、
これまでも、
日本経済は、
原油高やサブプライムローン破たんの影響によって、
建設や
不動産業の倒産が600件を突破し、
好不況に左右されやすい、
観光地熱海では、
基幹産業を支える
中小企業や零細業者を中心に景気が減速し、
融資抑制も厳しい上に、
来年4月からは、
「上下水道料金」や
「ごみの有料化」など
公共料金の値上げラッシュが続き、
市民生活を根底から揺さぶる
深刻な事態に直面しています。
(つづく)

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment