佐世保でめぐり会った愉快な人々

佐世保市梅田町にある、
木場浩之氏(キバデザイン工芸)の、
自宅地階”ミニシアター”の広さは約80坪ほど。
s-DSC003372.jpg
天井は高く床はフローリング仕上げで、
音響効果にも優れ、
ヤフーオークションで、
上代の約一割で、
競り落としたというビデオプロジェクターから、
真っ白な壁に、
映し出されたホラー映画を
一緒に伺った、
木場氏の同期生「吾妻」氏とともに、
約1時間45分早送りすることなく、
最後まで楽しむことが出来た。
     (大画面を映し出される映像を前に吾妻氏と木場氏)
s-DSC003431.jpg
ここ3年近く、
自宅に、
37インチテレビを導入して以降、
映画館とは疎遠だったこともあり、
”ナイトシアターキバ”では、
ソファに横になりながら、
お茶とお茶菓子付きの”ご~せい”な、
”癒し”のひと時をストレスなく過ごせ、
木場氏と吾妻氏に、
この場を借りて感謝したい。
今回「佐世保市」では、
宮城市議会議員を始め、
s-DSC00279.jpg
株式会社福義建設、
麻生秀実社長、
株式会社北松建設
岩永史城社長、
カレーとシュークリームの「蜂の家」の
田渕盛太郎営業部長他の皆さんから、
佐世保市の隣町「平戸市」から、
ニンニクの種を仕入れ、
栽培に製呼応した、
「佐口農園」と今後の方針についてや、
ニンニクで農業振興の核となる、
黒にんにく加工技術についてなど、
熱心な質問を頂戴する。
        (写真右から吾妻氏、麻生氏、岩永氏)
s-DSC00280.jpg
生にんにくと、
「黒にんにく」については、
ネットから検索した、
独立行政法人
「国立健康・栄養研究所」が公表している、
「健康食品 」の
安全性・有効性情報、、
「健康食品」に利用されている
素材に関する情報表示から、
「にんにく」に関して
効果・効能及び
効果のなかった項目をコピーしていたので、
その資料を見せながら説明する。
・・・・・・・・・・・・・・・・
・ドイツの薬用植物の評価委員会では、
血中脂肪を下げる効果と、
老化による
血管の変化を予防する、という2点において
治療目的での使用が承認されており、
別の調査では、
ニンニクがコレステロール値を
10%低下させることを示唆したが、
最近の報告によると、
ニンニク粉末やニンニク油が
コレステロール値に効果を示さないことが見つかった。
・LDL-コレステロールが
高め(130-190 mg/dL)の患者192名(30-65歳)を対象とした
無作為化比較試験において、
生ニンニク(1日4.0g)または
粉末ニンニクの錠剤、熟成ニンニクの錠剤を
アリシン量が同程度になるように
1週間に6日、
6ヶ月間摂取させたところ、
LDL-コレステロール、
HDL-コレステロール、トリグリセリド、
総コレステロール/HDL-コレステロール比に変化が見られなかった。
・経口摂取で
高血圧に対して有効性が示唆されている。
4週間の摂取で血圧を2~7%下げたという報告がある。
・経口摂取で
加齢に伴う血管の弾力性減少の
抑制に有効性が示唆されている。
4年間にわたり経口で摂取した場合、
加齢に伴う
大動脈及び大腿動脈の
動脈硬化の発生を遅らせた。
・経口摂取で
末梢動脈閉鎖症の患者に対し、
効果がないことが示唆されている。
・経口摂取で
小児の家族性高脂血症に対し、
効果がないことが示唆されている。
と、まあ、
このように公表されている。
この報告の中で、
高血圧を始めとして、
加齢に対する何らかの効果・効能があるようだ。
しかし、
健康食品やサプリメント販売には、
食品安全基本法や食品衛生法、
そしてやっかいな、
薬事法の縛りが立ちふさがり、
”効いた””治った””完治”した等、
消費者に、
訴求効果を求めることを禁止されている。
その点、
「にんにく」には、
世界中の人々に”食材”として、
様々な効能がインプットされている。
三重県松阪市で
偶然の産物として開発された、
「黒にんにく」は、
そうした法律が
施行させることを予測していたしてかのように、
商品化に成功した。と、
一連の流れを、
佐世保出身の
松本哲治氏(タックワールド)が展開する予定の、
韓国黒ニンニク加工品販路とあわせ、
            
                (ヤンさんと松本氏)
s-DSC00181.jpg
皆さんのご意見も賜ったのである。
吾妻氏にご案内頂いた、
佐世保市内の名所・旧跡の一部や
”B級グルメ”に関する情報、
或いは、
韓国釜山市内の
食の情報等については、
来週以降、
来宮神社のこがし祭りと合わせ、
タイミングを見ながらご案内したい。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment