12月定例会”けんぞう”の「質問通告書」(2)

これから朝の散歩なのだが、
天気予報どおりに、
小雨が降り続いている。
散歩好きな愛犬「ふ~」でも、
肌が濡れるのを”毛”嫌い”する傾向にあり、
今朝は、
コースを”山”から”港”に切り替える。
さて、
今年の市政報告懇親会は、
「熱海ホテルサンミ倶楽部」を会場に、
多くの後援会員の皆さんや、
知人・友人から出席の知らせを頂戴した。
市政報告懇親会に移行する、
10年以上前から、
飲食業を生業としていた関係で、
顧客や出入り関係者をメインに、
”忘年会”の名目で、
市内の旅館・ホテルを会場に、
年に一度の感謝祭を催してきた。
おかげ様で、
年々参加者が多くなるに従い、
来賓やゲストの方も多彩になり、
今年は、
鈴木宗男衆議院議員や
高須基仁氏(モッツ出版)など、
マスコミ登場頻度の高い
著名人が懇親会に彩を飾って頂く。
さらに、
昨年大好評だった、
”ブラジルサンバチーム”が、
よりスケールアップして、
会場を興奮の坩堝と化すべく、
昨日午後4時に、
その関係スタッフが熱海入りした。
s-CIMG2228.jpg
メンバーは、
大竹啓之氏(ブラジルレストラン・セグレード)、
田村一人氏(株式会社ロージャー)、
成澤克行氏(フェスタ・アレグリアブラジル)
三善エンジン氏(株式会社ロージャー)の4人。
s-CIMG22293.jpg
s-CIMG22302.jpg
s-CIMG22311.jpg
大竹、成澤、
田村氏、三善氏等は、
”ブラジル”関連の、
イベント企画のプロとして、
数多くの町おこしに携わってきた。
日系ブラジル人を人生の伴侶に持ち、
横浜・鶴見、
ブラジルレストラン「セグレード」のオーナーで、
熱海出身の大竹氏には、
小生が提案してきた、
”熱海ラテン化計画”の、
最大の理解者として、
今回もボランティアで、
市政報告懇親会の一頁を飾っていただく。
来年には、
いくつかのイベントに便乗して、
”熱海ラテン化計画”誘客作戦として、
歌とダンスをメインに、
”ブラジル文化”を
市民の皆様にお楽しみいただく予定でもある。
さて、その前に、
12月定例会への質問通告書の、
後半をお届けしたい。
①市民生活に全く寄与しない
「中部横断道路」建設工事の
凍結、延期や用途変更。
ムダなハコ物施設の象徴
「マリンスパあたみ」の
民間委託等で“健全財政”を図れないのか。
②破綻寸前の財政を前に“
新庁舎建設”は延期か、もしくは
「熱海駅舎改築」と庁舎、駅前開発をワンセットに
“JR”、民間開発企業と
共同複合施設計画で
“ニュー熱海市タウン計画”で
再生の目玉にする考えはないのか。
③来年3月退職する職員の数と
退職金総額と
今年は“退職手当債”をいくら充当するのか。
④熱海市内の児童虐待、
イジメ問題は陰口等の4件のみか。
⑤全国自治体複数の首長等が
官製談合容疑で次々摘発されているが、
ここ4年間に遡り
「熱海市」の
公共事業発注工事のうち、
1,000万円以上の
指名競争入札において
“予定価格”に対する
平均落札率は何パーセントか。
⑥熱海市主催の
花火大会を削って、
日本一多い芸妓衆を、
熱海駅、見番、起雲閣周辺を線にした。
出迎え、踊り鑑賞、お茶会、記念写真等々の
“熱海芸妓情緒”文化創造へ
助成金等を対象とした
支援事業として育成できないか。
⑦障害者自立支援法施行により、
来年から
小規模作業所運営補助金が
カットされることで、
職員等の人件費を切り詰める
施設急増が予測され、
職員離れ等による
サービスの低下を招く恐れが強いが、
施設によっては
“単独補助金”が急務だが、
当局の方針求めたい。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment