高須基仁氏”熱海を撮る”

昨日は”熱海駅舎改築”に関して、
戸口まで案内したが、
もう少し立ち入って話してみたい。
駅舎改築と駅前広場整備をワンセットとして、
静岡県総合計画地域編に、
整備促進が盛り込まれ、
平成20年に完成を見込んでいるものの、
負担割合をめぐり、
”JR側”との交渉が難航しており、
これまでと同様、
”掛け声”だけの整備案から、
一歩も前身しない可能性が強まっている。
市当局を含めた議会関係者からも、
駅舎と駅前広場を切り離して、
歩行者空間を充実させ、
一般車両の駐車スペースを確保したい方針で、
地元住民や関係各団体と、
協議を重ねている模様である。
斉藤市長は、
新庁舎建設に対する意見を、
「タウンミーティング」や、
ファックス、メールなどで広く、
受け付けたいと、
市民に呼びかけており、
負担割合や乗降客増加を視野に、
”新庁舎建設”と、
駅舎改築をセットにした、
複合施設としての、
メリットデメリットを、
検討し話し合うのも一考と思い
私見を述べた次第である。
さて、
高須基仁氏(モッズ出版)と、
渚町と中央町、浜町の、
”飲食店街”をロケハンしたのは、
s-CIMG1908.jpg
    
       (渚”ライスボール”の三宅さんとママさん)
s-CIMG1909.jpg
(中央町”スナック亜”付近にて、松本氏(スポーツライター)と高須氏)
s-CIMG1911.jpg
(老舗”のり平”から”順平”に替わった店舗を前の”高須”)
s-CIMG1912.jpg
s-CIMG1914.jpg
新幹線品川駅が開通し、
熱海へは、
東京から僅か30分と
利便性は一気に向上し、
基幹産業の崩壊による、
宿泊施設の跡地には、
高層マンション建設が目白押しで、
誰の目にも、
熱海市の基幹産業そのものが、
大きく様変わりしており、
2007年問題も含め、
熱海市は今、
マンション建設ブームが到来しており、
そこに居住を求める、
俗化慣れした”都会人”を、
文化の匂いと、
夜の帳に赤提灯やネオンを咲かせ、
目指すは、
「新宿ゴールデン街」熱海版である。
goldengai.jp/konjaku.html
食と酒、
”夜の文化”を定着させるには、
一線で活躍する、
文化人の存在なくしては、
マスコミの飛びつきは期待薄だが、
多くの芸術家や文化人、
マス・メディアとの交流の広い、
高須氏が、
「熱海路地裏再生プロジェクト」(仮称)に、
本格的に取り組むとなれば、
ー住民票を熱海に移動するーと、
前向きな姿勢を見せており、
12月12日(火)に、
熱海ホテルサンミ倶楽部で開催される、
小生が毎年暮れに開催している、
「村山憲三市政報告会」の席上で、
何らかの、
方向性が示される予定であり、
この日の”ロケ・ハン”の意義は大きい。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment