「DR喜多」の健康手帳

昨夜遅く、
大阪から「山下」、「倉沢」両氏が、
「離れの・・・宿」ほのかに到着した。
今朝開催される
「ほのか杯チャリティーゴルフ」参加に駆けつけ、
先に”宴席”を開いていた、
「ナイタイ」の円山社主と合流した。
小生も、
先日の日曜日”ジャンボーグループ”のコンペで、
何となく感じを掴み掛けていたこともあり、
一丁”狙ってみたい”(出来れば優勝を)、と、
内心思っていたのだが、
残念ながら、午後から
「観光福祉委員会」(熱海市議会常任委員会)の、
富山、金沢両市役所への、
行政視察のため来月には、
遠来の友人知人とお付き合いすることで、
了解を得たのである。
”断酒”続行期間継続中とあって、
「円山」社主持参の、
ウオッカ(スミルノフ・アルコール37度)を、
来月3日の誕生日(小生に)まで、と、
静脈瘤抜去した術後の、
脹脛を見せる。
まっ、飲まなくても、
外久保宏一氏(ほのか社長)が

”あっそれそれっそ~れー”と、
ウオッカをストレートでクイクイ飲んだ、
座持ちの良い”後遺症”で、
座をほぐし、
円山社主がお連れした、
”ヒーローズ”所属の、
2メートル10センチ体重135キロの、
ロシア人格闘家、
「ケオルギー・カイシノフ」さんを、
日本語が余り理解していないにもかかわらず、
何度も”その仕草”が受けたのか笑わせていた。
さてこの日、
ロシア政府と密接な交流を持つ、
円山社主から、
1)北方四島返還について
2)大相撲に関する2点
3)サハリン1,2号に関する情報、
4)サンペテルブルグ”ロマノフ宮殿”(現美術館)の、
  琥珀の間の日本での公開に関する件、など、
超レアーな情報を聞くことが出来た。
 
  (昨夜”ラーメンハウス”Ya~Ya~屋にて、山下氏と倉沢氏)
s-CIMG1737_edited.jpg
s-CIMG1739_edited.jpg
s-CIMG1740_edited.jpg
詳細は後日ということにして、
今朝9時40分頃、
新幹線静岡駅で”人身事故”があったようで、
役所に顔を出すと、
総務教育委員会の研修もこの日あったようで、
この事故に巻き込まれ、
鹿児島までの行程に若干の乱れが出た模様である。
では、健康オタクを続けている小生、
この研修の期間は、
久々に「DR喜多」にご登場願うことに、
 
・・・・・・・・・・・・・・
プラセボ効果
ウルシの木にまける人に、
「これはウルシですよ」と偽って、
皮膚に水を塗ると、
皮膚炎を起こしてかぶれたとか、
「痛い痛い」と言う人に、
「痛み止めですよ」と言って、
生理食塩水を注射すると、
痛みがピタッと止まったという話しは、
よく聞くことである。
これは「プラセボ」効果と言われ、
心因的なもので、
アレルギーが出たり
痛みが止まったりする。
約30%の人にこうした現象が現れる。
このことは、
人は暗示にかかりやすく、
どんな薬でも、
「効果がある」と信じて服用すると、
約3分の一の人には
よく効くということになる。
昨今たくさんの、
あやしげな健康器具や、
がんに効くといって
売られている数々の商品が、
ひそかにブームになっているのは、
この「プラセボ効果」を
利用したものである。
対症療法が中心になり、
心身ともに、
本当に健康体にするということが、
できていない現代医療の
盲点を突いて、
この「プラセボ効果」を
利用した商売が流行している。
怪しげな器具や
薬を横行させないためにも、
医療も、
ただ手術をしたり
薬を処方するだけでなく、
科学的なデーターのもとに、
この「プラセボ効果」を
よいほうに利用することが大切。
    (DR喜多と高校時代からの親友”俳優”の小林稔持さん)
s-CIMG3075.jpg
患者の心の面も、
十分にケアし、
相手と信頼関係を築き、
そおじて、
治療効果を高め、
全人的でしかも
効率的なものでなければならない。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment