「松江」~「岡山」~「熱海」

7月27日(木)午後9時、
行政視察から、
今、自宅へ戻ってきた。
新幹線岡山駅から、
”のぞみ28号”で”名古屋駅に。
そこから”こだま”に乗り換え、
熱海駅に到着したのは、
午後6時33分だった。
引率して頂いた、
議会事務局の「市川」職員や、
加藤則、梅議員と別れ、
小生と「高橋」、「梅原」議員の3人は、
今回の行政視察の、
反省会を含め、
”岩盤浴”で、
旅で堆積した”気遣い”という、”毒”を、
洗い流し、
明日から、
9月の「熱海市長選」に向けた、
それぞれ異なる主義主張や、
役割分担の違いjから、
夫々対立する陣営に、
分散する宿命を背負うため、
会派の行政視察を終えた今夜だけは、
市議会会派「熱海会」に所属する、
男同士”3人”が、
”裸で語り合い”、
”禍根を残さない”戦い”を誓い、
”デドックス”岩盤浴で、
ドップリと、汗を流したのである。
まっ、早い話し、
熱海市議会「熱海会」メンバーの、
熱海市長選への支援スタイルは、
現職の選対を仕切る、
与党会派に大きな不満を抱きながらも、
現時点で”現職”を押す、
「高橋」、「梅原」、組みと、
態度を保留している、
「加藤則」会長と「梅」議員、
打倒現職の
”小生”に分かれている。
最大会派「自民党市議団」9人、
「個人会派」1人、
「熱海会」2人、
「与党政党会派」2人と、
熱海市議会は圧倒的多数の市会議員が、
現職の4選を支援している現状の中、
小生だけが、
他の候補者を応援する態度を
明確しているため、
熱海会メンバーと、
行政視察を終えのを機に、
”裸の付き合い”をしたのである。
さて、
本題は”豊岡市”「城崎総合支所」での、
研修で、
何を学んできたかにある。
7月25日、
つまり”一昨日”京都駅から、
約3時間かけて、
JR西日本の”きのさき一号”で、
「豊岡駅」に着き、
豊岡市議会事務局、
前田靖子庶務課長、
同市商工観光部観光課、
濱田健冶郎課長補佐、
同市”城崎総合支所”地域整備課、
高橋均商工観光係長等と、
s-CIMG0352.jpg s-s-CIMG03550.jpg
s-CIMG0363.jpg
s-s-CIMG03590.jpg
観光行政について、
観光資源を生かしたまちづくり、
について、
意見交換をし、
現地視察をしたのである。
(つづく)

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment