GW熱海の人だかり

熱海市のGWの定番イベント、
初島「ところ天祭り」と
同時期開催し、
観客動員数で地域振興イベントとして、
定着してきた感のある、
”ふれあい産業祭り”は、
www.atamicci.or.jp/sangyou20061/fram2
今年で第4回目をむかえ、
5月3日、4日の両日、
熱海市親水公園・ムーンテラスで開催された。
s-CIMG3410.jpg
このイベント、
熱海市商工会議所
ふれあい産業まつり実行委員会が
s-CIMG3411.jpg
熱海市の産業や温泉を
多くの方に知って頂くため、
オークションあり、
現金が当たる大抽選会あり、
アジすくい・カクテルショーや
よさこい踊り、
ビンゴ大会等を実施、
熱海市の
ヨーロピアン風のムーンテラスの、
新名所でGWのひと時を
大いに楽しんでいただこうというもの。
s-CIMG3404.jpg
初日の観客動員数は、
大会本部では「25,000」人と発表、
ラストの今日は、
30,000人を見込む
”人だかり”が予測されている。
このイベント、
毎年違うテーマに沿って開催されており、
今年は「楽しさ満載、熱海でフォー」がテーマ。
熱海の飲食店のお店や組合が50店、
熱海商工会議所の会員事業所の
フリーマーケットなど、
約80点がブースを設けていると、
ふれあい産業祭り実行委員会の、
ホームページで説明している。
出展者の年度別、
業種別売り上げなど、
詳細についてのデーターも、
参考までに知りたいところだが、
ただ、
地元商店街飲食店からは、
この2日間、
店舗がガラガラになるという、
不満の声が上がっているのも事実で、
この点も考慮し、
更に充実した”イベント”として、
定着することを期待したい。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top