稲取・食事処「なぶらとと」

東伊豆町「稲取港」の食事処「なぶらとと」。
昨年の今年最も良かった全国ゴルフ場ランキングの
食事部門で見事2位の座に輝いた、
「稲取ゴルフクラブ」のレストランで食べる予定だった、
”カキフライ定食”よりも
美味い、食事を提供してくれるのだろうか。
高橋会長は、俺に任せておけとばかりに、
外見は板張りで飾り気のない店舗に我々を案内した。
s-CIMG0234.jpg
s-CIMG0236.jpg
店内には午後2時を少し過ぎてはいたが、
ひとグループ7人の家族ずれの先客がいた。
今来たばかりと見えて、メニューとにらめっこをしている。
遠藤氏と小生は先ず「生ビール」を。
お互いに”開運おめで鯛”(2,300円)を注文し、
s-CIMG0242.jpg
高橋会長は、金目鯛の煮付けに、金目の刺身が加わった、
”お雛様御膳”(2,650円)を、
秋山さんは、本マグロをふんだんに重ねた、
”まぐろ丼”を各人期待を込めて注文する。
係りの女性が、金目を生から煮付けるのに約20分ほど、
時間がかかるが如何でしょうかと、親切なアドバイス。
会長はその時間を利用して、
この「なぶらとと」と地続きの家屋で同時に経営する、
雛のつるし飾り」を
見学しようと席を立つ。
古びてはいたが、仕舞屋風の入口を開けると、
明かりの消えた中に、先客が居た。
若い女性二人が、デジカメで飾り雛の一つを映していた。
係りのものは誰も居らず、
一人200円の入場料をどこに払っていいのか、
迷っていると、路地を挟んだ前の雑貨屋から
年老いた女性が出てきた。
4人分を支払おうとしたが、400円にまけてくれた。
s-CIMG0238.jpg
小生は感動を覚えることはできなかったが、
1月20日から3月31日までの期間中には、
観光客で溢れるという。
ここ稲取温泉は、雛のつるし飾りの発祥地。
ひな祭りの祭、ひな壇の両脇に一対のつるし飾りを
飾る風習が古く江戸時代よりあったそうである。
     (雛のつるし飾りを見ていた先客の、増田さんと戸田さん)
s-CIMG0239.jpg
パンフレットからの受け売りだが、
稲取温泉内に雛のつるし飾り常設展示会場として
雛の館『むかい庵』
『文化公園 雛の館』 
『二ッ堀みかん園』
そしてここ、 『なぶらとと)』
『岬の館』の5会場があり、
各会場では期間中、
戦前から伝わるつるし飾りの展示も含め、
館内いっぱいにつるし飾りが飾られるということだ。
静岡県伊豆ブランド創生事業の一環である、
しずおか観光大賞の第2回と第6回で受賞している。
見終わり、食堂の席につくと同時に、
注文した品々が運ばれてきた。
s-CIMG0245.jpg s-CIMG0248.jpg
高橋会長、
先日35年間自身の食事をカメラに収め、
”イグノーベル賞”を受賞した
「ドクター中松」宜しく、
お雛様御膳をデジカメに撮ったのを
小生のデジカメに収め、食事と相成った。
s-CIMG0249.jpg s-200511190.jpg
この店は、地元の水産会社が経営しているようで、
「るるぶ」や「じゃらん」など
旅やグルメ雑誌に取り上げられている。
そこそこには美味いだろうとは思っていたが、
身の厚みと柔らかさ、煮つけ汁の甘味がブレンドされ、
実に素直で癖のない味付けで、一気に食わせる。
小生が推薦する、
熱海清水町、食事処「天匠」と
5分に近い味だ。
流石、高橋会長美味いところをよく知っていらっしゃる。
秋山さんの”まぐろ丼”も、
肉厚で脂が乗って歯ごたえがあると絶賛!
帰りは、秋山さんの運転にすがり、
満腹感に浸りながら、スコアの悪さも忘れて
セルシオの後部座席でウトウトし
気が付いたら網代近くを走っていた。
                           s-200511191.jpg

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top