キューバ共和国特命全権大使と

キューバ共和国の
オルランド・エルナンデス」大使に、
お会いしたのは先月のことだった。
         (写真左から、大竹氏、オルランド大使)
s-CIMG6724.jpg
池袋サンシャイン60で、
キューバ大使館一等書記官
「アンドレス・バジェステル」氏(文化・広報・スポーツ担当)と、
商務官である「モニカ」婦人が任務を終え、帰国するため
     (写真左より、伊藤氏と大使館関係者、真ん中がアンドレス氏)
s-CIMG6733.jpg
                  (写真中央がモニカ婦人)
s-CIMG6723.jpg
関係者等の呼びかけで、
”さよならパーティー”が開催され、
小生もお招きいただいた祭に、
「オルランド」大使をご紹介頂いたのであるが、
むろん、これも「熱海ラテン化計画」(仮称)
「ラテン博サンシャイン熱海」を立案した、
大竹啓之氏(セグレードオーナー)や、
伊藤修氏(ラテン化推進会議主催者)、
斉藤恭範氏(アイビーネット取締役)の各氏から、
お誘いしていただいたことから実現したもの。
このパーティーの発起人は、
アントニオ古賀(ギタリスト)、
稲村宏史(霞ヶ関通信社)、
酒井利通(リコオ)、
斉藤恭範(アイビーネット)、
高原宣通(サンシャイン国際水族館館長)、
大島徳彦(サンシャインシティ)の各氏で、
この「さよならパーティー」会場は、立食式フリードリンク制で、
関係者の挨拶の後は、
アントニオ古賀さんのギター演奏をはじめ、
s-CIMG6732.jpg
キューバ人ミュージシャンの音楽ライブで参会者を楽しませた。
小生は「アンドレス」氏とは、
今年9月に”お台場”で開催された、
s-CIMG6588.jpg s-CIMG6589.jpg
世界旅行博」の
会場に出向いた祭にお会いしている。
                   (小生の左隣がアンドレス氏)
s-CIMG6569.jpg
s-CIMG6581.jpg
またアンドレス氏は、
キューバ共和国と日本との関係についても、
キューバ観光省発行の
観光案内パンフレットをもとに、
「お互い島国であり、1614年には、
支倉常長が伊達政宗の命を受け、
スペイン王とローマ法王への親書を運ぶ途中、
「慶長遣欧使節」としてハバナへ立ち寄った。
その後、1920年代には日本からの移民も始まり、
キューバの旧行政6州、46市町村にまたがり、
島全土に住み、農業、鉱業、砂糖産業、漁業、園芸、
機械、電気、サービス業など
様々な仕事に従事し、
文化的交流も行われてきた」と説明された。
さらに、「熱海ラテン化計画」(仮称)実現に向けての
協力バックアップを約束した。
これは、大竹、伊藤、斉藤各氏のキューバ大使館に対する、
長年に渡る真摯なアプローチの賜物なのかも知れない。
(つづく)

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top