熱海後楽園昭和40年同期会次回は

熱海後楽園昭和40年高校新卒者、
同期入社組は総勢327名。
それから約42年経過した今年、
「あすなろ会」が結成された。
目的は、青春回帰。
熱海後楽園在社同期生が軸となって、
全国に散った、面々を探し
同期会を開催しようとするもので、
時間的制約や介護などで参加できない同期を除いた、
56人が、7月17日(日)、全国から
熱海後楽園に集結した。
南は九州、北は北海道から
42年ぶりに集ったのは、56人。
s-img273.jpg
42年前と変わらぬ旧レストセンター会場で
立食式の記念パーティが行われたのは既報の通り。
松倉氏(熱海後楽園)から、
反省会と次回「あすなろ会」開催について連絡が入った。
21日(木)、熱海後楽園「ま~めいど」に、
「あすなろ会」役員13人が一同に介し、
富士フィルムに転職した「小清水」氏が
当日撮り貯めた写真を、
全員に配布し、同期会を振り返った。
全員、もう一度集まりたい。
事情があって参加できなかった仲間からも、
次回はぜひ参加したという内容の手紙も披露された。
s-CIMG6540.jpg s-CIMG6543.jpg
しかし、いまのところ来年は「三辺」取締役を除き、
山田文、松倉、北島、江崎各氏が
退社の方向ということで、
「あすなろ会」継承についても検討された。
次回は再来年3月か4月を目処に、
つまり、同期の還暦を記念して、
「あすなろ会」再結集が確約され、
退社後も、三辺、松倉、江崎を中心に、
事務連絡を続けることで了承された。
話題は、熱海の基幹産業を取り巻く
最悪の環境について飛んだ。
名門「Oホテル」11月休業説、
大型ホテル「ホテルH」の親族経営者不仲説と、
役員交代による、社員間の動揺と、転売説。
サンデー毎日9月25日号に掲載された、
熱海と金沢の公金を預かる団体ホテルで起きた、
仰天セクハラ不祥事の詳細などが次々と俎上にのった。
来年退職とはいえ、まだまだバリバリの同期諸氏、
ホテルマンとしての経験を受け皿にする、
施設が年々消えていく寂寥感は隠せない。
昭和40年代まで、
風光明媚、百万ドルの夜景、
百花繚乱をほしいままにして来た「熱海」。
誰が、この町に希望の陽を当てるのか。
「来年9月に一つの答えが出る」
小生はそう答えて、反省会を後にした。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment