オカマボクサー「パリンヤー」

K-1、プライド、プロレス各団体、
プロボクシング、シュートボクシング等々
格闘技が乱立し全盛期から、淘汰の時代に入ってきた昨今。
小生もまた、この業界を牽引してきた関係者と面識がある。
シュートボクシングのシーザー武志さんとは、
     http://www.shootboxing.org/
大阪の親友、宮崎文孝氏 の紹介で何度か会っている。
(阪神技研株式会社社長・大阪柔道道場連盟顧問)
1999年7月8日、大阪府立体育会館で開催された、
シュートボクシングアゲンストでは、
s-200553110.jpg
(SHOOTBOXING AGAINST) リングに上げていただき、
                     (小生と宮崎社長)
s-200553111.jpg
当時マスコミが取り上げ、一躍時の人となった、
タイのオカマキックボクサー(ムエタイ)
ノントゥム・パリンヤーに、
    http://boxfreaks.ddo.jp/chinta-chinta/kansen2004/video/040221lumpinee.html
記念品贈呈をさせていただいた思い出があります。
                  (オカマボクサーパリンヤー)
s-200553112.jpg
宮崎社長のご好意で、リングアナウンサーから、
”熱海市”からこの試合のために、
駆けつけてくれた、市会議員と紹介していただき、
関西地区のマスコミにも多少は熱海が宣伝できたと、
感謝しつつ、自負した覚えがある。
その後、パリンヤーとは接する機会はありませんが、
タイの映画に出たりなどしていまだ、元祖オカマボクサーとして、
活躍しているようです。
宮崎社長とは現在もビジネスを通じて
お付き合いさせていただいており、
愚息の結婚式にもお出で頂いた。
6月議会終了後に、大阪でお会いする約束になっているが、
小生のブログについてはまだ話していない。
さて、熱海市にも格闘技系有望選手として、
プロボクシング日本ランカー
「古川」選手が有名です。
彼のファン倶楽部も発足し将来が期待されていますが、
熱海市あげて、古川選手への応援や興行、
後に続く選手育英のための施設なり
ジム誘致する等してプロスポーツ振興都市としての
複眼的視点も、
行政に期待したいのだが、、、。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment