Today's Kenzo

Published on 4月 18th, 2016 | by ken@jyohou.com

0

熊本地震にみる先人の知恵とは。

万葉倶楽部の温浴施設の一つに、
博多・湯布院・武雄温泉万葉の湯がある。ここの温泉は前記の通り今回の
熊本地震被災地エリアにある
温泉施設から運んでいるのだが、
昨日の朝の段階では、

高橋弘会長の口からは直接程
被害情報については聞けなかった。

ただ、その会長から昨晩、

熊本城の国の重要文化財の
長塀が数10mにわたって倒壊し、
また、天守閣の瓦なども崩落して、
大きなダメージを受けた、

”熊本城”と加藤清正に関する
「先人の知恵」と題するメールが
届いているので、ご紹介したい。

/////

400年以上も前に建てられた部分は
倒壊を免れたことで,当時の
築城技術を称賛する声があがっている。崩れたのは
新しく建築した箇所ばかりなので、
築城した加藤清正は
「じつに偉大だ!」 と。

熊本城では地震で倒壊しなかった部分に
注目が集まっている。
その一つが「宇土櫓(うとやぐら)」。

加藤清正により築城され,
焼失を免れ当時の姿を残している。

今回の地震でもビクともせず,
加藤清正や400年以上前の
築城技術を称賛する声が
ネット上で数多く上がっている。

また…,

砂煙を上げながら
崩落する様子が報じられた

熊本城の瓦だが、瓦を固定せず
地震が来た際には
屋根の瓦を落とすことによって

建物を軽くし、建物自体が
倒壊しないようにするのが
先人の知恵だった!と。
(つづく)
(写真はネットより転載)

 


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑