Today's Kenzo

Published on 11月 22nd, 2015 | by ken@jyohou.com

0

月一親睦会「佐口会」メンバーの一人、平石啓三郎氏(関東警備保障)の闘病記。

これまでスタッフに任せっきりだった、
ラーメンハウス店舗に、芽子ニンニクの
水耕栽培を導入したことをキッカケに、

カウンターの補修をするなど手を入れた。
また、市外への出張以外は開店前には
床のモップがけ等の清掃を受け持っている。

自分の店である、当たり前のことなのだが、
20年以上も飲食店を助けて頂いている、
スタッフの労に報いるためにも、また、

小生の落選後の動向を期待する友人や知人、
家族やスタッフの期待を裏切らない為にも、
これまで培ってきた人脈をフル活用して、

先ずは、ムラヤマビルの改革構想成就への
第一歩として心機一転動き始めている。

さて、昨夜は月一親睦会「佐口会」が
ラーメンハウスで開かれた。佐口会長ほか

抗がん剤治療中の平石啓三郎氏他12名の
メンバーが集い、それぞれが情報交換した。

でも、何といっても話題中心は、6度目の
抗がん治療をした後、驚異的な回復を見せる

平石啓三郎氏(関東警備保障)の存在である。

平石氏からは、ステージ3,5の危険水域、
余命4ヶ月と宣告されるに至った原因と、
その直接お引き金について、今回も
ジックリ聞かされた。この内容に関しては、

今は関係者以外オフレコだが、成行き次第、
その内容を公開する予定である。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑