Today's Kenzo

Published on 10月 26th, 2014 | by ken@jyohou.com

0

手話言語法制定を求める意見書。熱海市議会本会議にて全会一致で採択! 

日曜日の今日は、愛犬ふ〜と定番散歩の前に、地域住民から
苦情と多かった渚小公園内公共トイレホームレス不法占拠と
荷物の撤去状況を写真に収める。視察最終日に同行した
所管課次長から、”立ち退きが完了しました”と、

満面の笑顔を受け取っていた事から、1日おいて今朝、
現場を写真に記録する。見事に片付いてはいたものの、
残念ながら今度は国道135号線を挟んだ対面側に別の
荷物が積まれており、いたちごっこが懸念された。さて、

話しを熱海市議会9月定例会に戻そう。現在、手話を使う
ろう者の権利を具体的に保障する言語法制定を
国に求める声が高まっており、全国で600を超す地方議会が
同法制定を求める意見書(案)を可決している。

熱海市議会9月定例会においても、意見書(案)が提出され
全会一致で採択されている。また、最終本会議では
関係者の皆さんが傍聴し意見書採択に関する審議の場面が
担当者の手話を交えて伝えられた。その、意見書の内容を
ここに掲載して意識を高めて頂ければ幸いである。

/////////

「手話とは、音声ではなく、手指や体動き、
顔の表情などを使って意思疎通や思考を行う視覚言語で、
独自の語彙や文法体系をもつ、日本語と対等な言語である。

手話は、ろう者の情報獲得とコミュニケーションの手段として
大切に守られてきたが、学校では手話は禁止され、
社会では手話を使うことで差別されてきた長い歴史があった。

このような理不尽な差別を見直す機会がようやく訪れ、
2006(平成18)年12月に採択された国連の

障害者権利条約には、「手話は言語」であることと明記された。

さらにこの条約の批准に向けて日本政府は国内法の整備を進め、
2011(平成23)年8月に施行された
改正障害者基本法第三条では「全て障害者は、可能な限り、
言語(手話を含む)その他の意思疎通のための
手段についての選択の機会が確保される」と定め、同法

第22条では国と地方公共団体に対して
情報保障施策を講ずるよう義務付けている。

われわれ地方公共団体も、手話が言語であるという認識に立って
今後の諸施策を進めて行かなければならないが、とりわけ
教育問題など、地方だけでは解決できない問題も多い。

したがって本市議会は、手話に関する下記事項について
国が早期に実現するよう強く求めるものである。

手話が音声言語と対等な言語であることを広く国民に広め、
ろう者に日常生活・教育・職場などの場で手話を使った
情報提供やコミュニケーションが保障され、聞こえない

子供たちが手話を身につけ、手話で学べ、自由に手話が使え、
更には手話を言語として普及、研究することのできる
環境整備を目的とした「手話言語法(仮称)」を制定すること。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

手話発議案議会

 


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑