Today's Kenzo

Published on 9月 10th, 2010 | by ken@jyohou.com

0

大相撲、入間川部屋と高橋弘会長との縁結び!

熱海市長選(市議補選も含む)も残すところ後3日。今夜は、高橋弘会長と
市議補選立候補者の一人を担ぐ知人が詰める、選挙事務所に陣中見舞いに行く。生憎、
候補者とは合えずじまいだったが、そこではもっぱら、
市長選に関する票読みに終始した。現職か新人か。この知人、市内では
選挙の神様と異名を取り、前回の市長選でも激戦を勝抜き、
現職を当選させた立役者の一人でもある。仮にその知人を敢えて、
M氏と呼ばせてもらうが、M氏は小生の問いかけに、
ー選対に絡んでいないため、票読みは把握できていないー、と、口を濁すに止まった。

さて、今日は庁舎にて、佐口静男氏(サグチ農園)が導入する、
生ゴミ処理施設設置プロセスについて、担当職員を交えて打ち合わせをする。
佐口氏は熱海の認定農家として、これまで
ニンニク栽培で地産地消を目標に掲げ、一昨年より取り組んできた。その過程の中で、

農家による生ゴミ収拾と有機肥料化。ゴミの減量化によるCO2削減とエコをテーマに、
ソラーハウスから太陽光を取り込み紫外線に反応する、
高温度菌を活性して発酵させ、臭気成分を分解して密閉式の構造で臭いを遮断し
短期間で発酵分解させるECOS処理施設導入を決め、その準備を急いでいる。
詳細については、施行段階を踏まえながら報告していきたい。さて、明日も、

高橋会長と渋谷の全労済ホールまでご一緒する。目的は芝居鑑賞だ。
箱根天成園出演中の、清水アキラさんの3男で俳優の
清水良太郎さんが主演する、第38回ギャラクシー奨励賞受賞の、
流れる雲ー未来から愛を込めてーという芝居で、物語は
太平洋戦争末期の特攻基地で、突然、ラジオから2010年の未来から
不思議な放送が聞こえてきたことで、1945年に日本が負けることを知った
特攻隊員たちの動揺を描いた作品。と、チラシに書かれている。この芝居には、
清水アキラさんも出演しており、どんなシリアスな芝居をするか、
良太郎さんを含めてWの楽しみを持って期待したい。また、
・・・・高橋会長に関する情報をもう一本、お届けしたい。

大相撲に関する話しである。昨今の業界をめぐる騒動もどうやら幕引きも近いようで、
来場所からはNHKの中継も再開される運びとなったようで、
我々純粋な大相撲ファンにとっては先ずは、喜ばしい運びとなった。その相撲協会と
高橋弘会長とが太いマワシ、いや、綱で結ばれたのである。その理由は

この7月に、神戸万葉温泉オープンと前後して傘下に収めた温浴施設、
岸和田リパティを、これまで入間川部屋が大阪場所の宿舎として、
8年間使用していたというのだから、高橋会長、どこまでも運が強い。







入間川部屋と言えば元関脇栃司関が親方である。先日、その親方が
高橋弘会長を訪ねて、万葉小田原本社ビルを表敬訪問した。その際、
今回の一連の流れの中から、協会の指導により各部屋の親方全員にiPadが支給され、
情報収集の必須端末機として活用することが義務づけられた。と、話した。

高橋会長早速、ドコモの携帯で使ってインタビューし、その動画を
iponeとiPadから流して、入間川親方を驚かせた。未だHPを作成していないといい、
今後は我々がこの分野で協力できる予感を抱かせた。また、会長室から
岸和田リパティの担当者とPC対談するなど、初対面とは思えないほどの親近感が生まれた。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑