熱海市議会9月定例会を前に「議会運営委員会」開催。

熱海市長選の後、
初めてとなる
議会運営委員会が開催され、
当局案
28案件が提出された。

冒頭、

厳しい市政運営を前に、
斉藤市長は
5期目となる市政運営最初の、
9月議会において、

伊豆山土石流災害からの復旧、
被災者に対する対応、
また、
基幹産業に対する再生案、
そして、
小規模小売店及び飲食店に対する、
再生案を示すことで、

熱海復活への政策を示して欲しいもの。

止まれ、

昨日は議会運営委員会終了後、

100条委員会が開催されたが、
議論の結果、

議員側の調査に対して、
熱海市の
顧問弁護士からは、
法的根拠に乏しいという見解があり、
委員会では、
侃侃諤諤とした議論が続いたものの。
残念ながら、
当初懸念していた通り、
竜頭蛇尾となって幕を閉じた。

 

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top