熱海市の文化財(旧日向家熱海別邸) 開館再開における内見会開催案内。

熱海市教育委員会生涯学習課 より、
先日、

旧日向家熱海別邸
に関する、
開館再開における
内見会の開催案内があった。


旧日向家熱海別邸につきましては、
平成30年1
月より進めまい
「長期保存修理事業」が完了し、

令和4年8月27日(土)の
一般公開に向け準備を進めております。
つきましては、
下記日程において
内見会を開催いたしますので、お知らせします。

       記

1.
開 催 令和4年8月18日(木)
2.

①午前10時00分から午前11時00分(午前9時50分集合)
           ②午後
時00分から午後 時00分(午前時50分集合)
3.
旧日向家熱海別邸
4.
その
入館者数を制限している関係上、
①につきましては
熱海成風会 の皆様を、
②につきましては
自民党・公明党・熱海女性の会 熱海梁山泊、
       熱海市民クラブ、熱海市政調査会

日本共産党
の皆様をご案内したいと存じます。

※出欠につきまして、
8月10日(水)までに
議会事務局まで
ご連絡をお願いいたします。
       【担当】

熱海市教育委員
生涯学習課
文化交流室
下田・小川
TEL0557-86-6287

旧日向別邸は、

実業家日向利兵衛の
別荘の離れとして1936年竣工。

太平洋を望む
熱海市春日町の断崖上に位置する。
日向氏の死後、
民間企業の保養所として利用され
2004年11月
熱海市の所有となり、翌年秋から一般公開。

2006年7月
地下室が重要文化財の指定を受ける。
木造2階建母屋の前庭に
擁壁を兼ねた
鉄筋コンクリートの人口地盤が造られ、
その地下室部分にある

細長い空間の離れが「タウト」による設計。
日本に現存する
唯一のタウト設計の建築である。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top