林俊宏氏の最新台湾情報⑵ 

ートランプ氏は、
2024年の大統領選の再選の可能性について
公に話し続けています。
彼は今年の選挙で
100 人以上の候補者を支持しました。

そのほとんどは安全な、
または
保守的な地区の現職の共和党員ですが、

トランプが勝った激戦区にいる人もいます。

アリゾナ州の共和党知事候補
カリン・ロブソン氏が
8/2の日没で敗れ、

写真(右)チェイニー副大統領(左)と現知事(中央)ロブソン氏、
これは
共和党の反トランプ派ですが、
判明しました。

トランプが支援する別の候補者、
カリ・レイクの選挙集会になること。

元テレビキャスターのリカさんは
トランプ氏の
不正選挙説をずっと支持してきたが、
昨年秋、
アリゾナ州知事選の
民主党候補と争う選挙で
トランプ氏に支持され、当選した。

民主党のバイデン大統領の
2 年間の
弱体化国際的な政治的および外交的失策と、
国力の低下が、
米国の伝統的な地方保守勢力の力が
彼らの選択を
変えるきっかけになったようです。
しばらくして
地方の中間選挙が行われると、

アメリカの歴史上、
大統領の「王の帰還」が
最後に責任を負う可能性が高まり、
現在の問題を抱えた

世界を一掃する可能性が非常に高くなりました。

しかし、

ビジネスマンであるトランプ氏は、
常識に従わないビジネスマンでもあり、
台湾の状況は
ますます自立しており、

いわゆるリベラルで民主的な
ソーシャルキャンプに
満足することはできません。

現在の攻撃的な中国共産党の
文学的攻撃に直面して、

軍事的強制の下では、

米国の利益団体に適合するために、
それ自体を
強化するためにより多くの投資を必要としています。

林俊宏(画像含む)

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top