伊豆山土石流災害に係る損害賠 償請求事件に関するご質問(熱海市議会6月定例会。米山議員の質問に対する市長答弁)

9月の市長に向けて、
先日、
泉明寺みずほ議員の立候補表明があり、
現職の、
齊藤栄市長も出馬の意向にあるといい、
今のところ、
一騎討ちの可能性も否定できないが、
双方とも、
熱海市の財政危機を前にして、

人口の半分が高齢者が占める
熱海市の特殊事情を前に、
どのような”公約”を持って市長選に臨むのか、

どちらかの候補者を応援する意味においても、
小生だけでなく、

市民にとっても熟慮したうえで、
投票していただきたと願う次第である。

さて、今日は、
泉明寺議員と会派を共にする、
自民党・公明党・女性の会 熱海梁山泊
米山議員による、
6月市議会本会議での質問のうち、

齊藤市長が答弁した項目について掲載したい。

議案第33号補助参加について
(令
和3年7月熱海市伊豆山土石流災害に係
損害賠
償請求事件)に関するご質問におえいたします。

熱海市は、

自ら原告側に立ち
裁判に参加することを踏まえると、
当事者に準ずる
位置づけになる
と認識しており、
本条文上、
これについて議会の
議決を図ることを
禁じられてはいないものと解釈
しております。
また、
裁判所が議会の議決を
参加の条件として
いることはありません。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top