熱海市長選に現職(齊藤栄氏)が5選に向けて出馬表明。(9月11日投開票)

齋藤栄市長(59)が、
昨日、
5選を目指して出馬表明した。

任期満了に伴う市長選(9月11日投開票)に、
出馬表明した、

齋藤市長は取材陣の質問に対して、

伊豆山土石流災害の復興と
コロナ感染の収束、

「熱海型DMOと観光財源を構築する
熱海2030ビジョン」に向けて、

責任を持ってやりたいと答えた。
出馬については、

伊豆山土石流災害で
多くの人の生命と
財産を守れなかったことに責任を感じ、

「自分が出馬するのは不適切ではないか、と
自問が続いたから」と説明し、
決断したのは、
支援者や市民からの続投要望にあるとした。

齋藤氏は東京都出身。
旧国土庁職員。
藤末健三元参議院議員秘書などを経て
2006年の
熱海市長選に初当選し、現在4期目。

熱海市長選については、
先に、
泉明寺みずほ氏(市議)が出馬を表明している。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top