暗号資産、ブロックチェーンを活用した熱海再生案に対する考えを問う。(熱海市議会6月定例会本会議)

熱海市議会6月定例会、
本会議3日目、
村山憲三の通告内容から

ー政府与党も取り組んでいる、

暗号資産、
ブロックチェーンに対する
取り組みによる、

熱海再生案に対してどのように思うかお答え下さい。

・・・・・

【経営企画部次長答弁】

エストニア共和国における
『イーレジテンシー』のような取り組みは、

国における制度設計が必要で、

一地方自治体単体での導入は
困難だと考えます。しかし、

ブロックチェーンや暗号資産の活用は、
先ほど答弁した

「地域通貨」として

活用する事以外においても、
活用の可能性はあると考えますので、

今後、
勉強してまいりたいと思います。

 

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top