ブルネイ国と熱海市との相互交流に関する提案。(村山憲三の6月定例会での質疑質問テーマ)

さて、

熱海市議会6月定例会での
他の会派議員の大半が、
伊豆山土石流災害に関する、
原因と責任に対する問題を取り上げたが、
小生は、
他会派議員とは別の質問を用意して、

斉藤市政に対する、
市政運営能力を斟酌させて頂いた。

次の質問も、
その観点から用意したものである。

☆東アジアの豊国・
「ブルネイ・ダルサラーム国」をより、

理解して頂くためには、
先ずは、
コロナ禍の影響により延び延びになっていた、

市当局及び市議会の代表者及び
観光業界の
「ブルネイ視察」と

「ブルネイからの熱海への相互視察」ですが、

先ずは、

年内にも熱海市側から

ロイヤルブルネイ航空を活用して
ブルネイ視察を実施することが
双方にとっても、
より多くのビジネスチャンスにもつながる

最大の効果となると考えますが、
当局の考えを質します。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top