熱海市伊豆山「逢初川土石流災害」に係る行政対応検証委員会報告書に対する、熱海市の見解。(1) 

熱海市観光建設部⻑より、

逢初川土石流災害に係る
行政対応検証委員会報告書に対する

熱海市の見解について報告がありました。

ー日頃より、
当市の市政推進につきまして、
御理解と御協力を賜り感謝申し上げます。

さて、
標記の件につきまして、
本日行われる市⻑定例会見で、
5月13日1に
県の第三者委員会から公
表された

「逢初川土石流災害に係る
行政対応検証委員会報告書」について、

別紙資料により、
現時点における

熱海市としての問題意識の概要を説明する予定です。

議員の皆様には、
令和4年6月定例会の政調会におきまして、
同様の内容につきまして
ご説明させ
ていただく予定であり、
事前に資料をお送りさせていただく次第です。


●熱海市の問題意識

”極めて悪質な事業者”との対峙において、

「今回の事案をいかにすれば防止できたのか」という観点から検証すると、

土砂災害防止に関連する法令に
様々な課題が存在することが判明。

こうした重要論点を踏まえて
再発防止を考えていく必要。
廃掃法、砂防法
(盛土規制の課題)

●環境の変化に応じ、
盛土規制は適切に整備されていたのか。

国︓過去に全国的規制の必要性について議論がなされたが見送り

県︓隣接地域と比べて規制が緩く、1990年以降問題業者が流入

※盛土総点検で全国では1089箇所
(このうち廃棄物の投棄も確認された盛土は142箇所)
(R4.3.16内閣官房資料)、
県内では193箇所問題あり(R4.4.8朝日新聞)

●事業者対応において県と市の連携は十分に取れていたのか。
●届出手続等の運用に課題があったのではないか。

(つづく)

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top