102歳の元気印、加藤正子さん宅に毎年恒例の新年の挨拶!!

新年の挨拶には
ここ20年以上、
毎年欠かしたことのない、
小生の
熱海後楽園同期入社組で

地元採用の、
故加藤久三男氏の自宅を訪問する。

加藤家に関しては、
これまでに掲載してきた
ブログを見て頂くとして、

加藤家の守本尊として
今年102歳になる、
故人の御母堂、

加藤正子さん宅を訪問する。

これまでも
新年のブログに欠かすことなく、
掲載しており詳しことは
割愛するが、

加藤家の居間には、
昨年同様、

次女「まりこ」さんの
遺影が祭壇に飾られ、
御母堂の胸の内が滲み出ていた。
先ずは、
奥の部屋の祭壇に眠る、
故久三男氏の遺影に線香をたむけ、
次いで、
「まりこ」姉に対しても、
小生の胸の内を伝え、

けんぞうの
2022年度の幕開けとした。

正子母堂の世話を見る長女に
昨年度の
議会報告をサラリと伝え、
未だに、
意識がしっかりとして、
小生のことや話す言葉に
劣化が見えない元気さに感動しつつ、
記念写真を撮り、
なんやかやと、大笑いのうちに、
近所のおばさんが
新年の挨拶に来たところで。
加藤家を後にした。

毎年続けている、
加藤家訪問は
小生の
元気印のバロメーターとなっている。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top