備前一宮のVJ NANOGRAPHICA(ナングラフィカ)社を表敬訪問する。

最近、
インターネット上の
仮想空間のことを
メタバーストと称して

既に
ゲームやイベント等が
仮想空間の中で行われており、
ビジネスとしても
バーチャル会議などで活用されている。

クリエイト転職から転載すると、

最近では、
Facebookがメタバースの
新サービスを立ち上げているし、
マイクロソフト等も
Microsoft Teamsを拡張した新サービスを
2022年に
提供すると発表している。

仮想空間メタバースでは、
・ゲーム:仮想空間でイベントに参加。
・ビジネス利用:バーチャルオフィスとして
在宅でも
仮想空間を共有し
社員同士のコミュニケーションを図る。

これまでは、
ゲームやイベント活用が事が多い、
仮想空間サービスが、
新型コロナウイルスの影響で、
テレワークが推奨され、
ビジネスの場でも活用が進んでいます。

メタバースのメリットとは
仮想世界でのイベント体験。
(コンサートや各種イベントなど、
現場に行かなくても
オンライン上での参加ができる)

(2)ビジネスでの利用がしやすい。
活用出来る場面が多い。
コミュニケーションツールとして活用。

(3)発想次第で自由な空間を構築。
イベント利用などがしやすい。
→建築物/
建造物などを用意しやすく、
仮想空間上に
コンサート会場や
イベント会場を用意することで、
参加しやすい環境を用意できる。

また、
メタバースのデメリットとは、
仮想空間や
オンラインサービス等に共通の、
(1)依存性になる場合がある。
(2)現実世界での
コミュニケーション機会が減る。
等など
問題も多く残されているようだ。

(つづく)

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top