熱海市議会9月定例会。 第2回 議会運営委員会

昨日開催された、
熱海市議会9月定例会に向けた、
第2回目となる、
議会運営委員会の協議事項は、

1、本会議での議会運営について
○追加議案
○質疑及び質問の通告状況と発言順序
○議事順序
○議事日程及び議案付託
2、付託委員会の日程
3、討論通告の締め切り
4、次回定例会の日程
5、要望書について
6、その他、

○質疑質問時間の割り振り時間
午前10時より、
1、熱海成風会  
①高橋幸雄②稲村千尋
午後1時10分より
2、自民党、公明党、女性の会
①田中秀宝②泉明寺みずほ③後藤雄一
午後3時より
3、熱海市民クラブ
①橋本一実②山田治雄
午後4時10分より
4、日本共産党
①小坂幸枝
午後4時40分より
5、熱海市政調査会
①村山憲三

以上10人が登壇する。
また、
議事日程については、

議案として、
○熱海市一般会計予算(第4号)から5案件、
○認定案件5件
○報告案件5件
○同意案件1件
○報告案件2件
○同意案件1件
○発議案件2件と、

請願として、

○伊豆山土石流災害に関する
案件1件が提出された。

また、

議会開催時には
議員全員が、
ジャケットに黒ネクタイ着用し、

伊豆山土石流で被災した市民に対して、
黙祷を捧げることが決まりました。

その他、

請願として、

伊豆山土石流災害に対する
負託決議案が
議長案として提出されました。

その内容に関しては、
下記の通りです。

請願第1号
伊豆山土石流災害に関する請願関する付帯決議(案)

令和3年9月定例会に提出の
請願第1号

伊豆山土石流災害に関する請願については、

伊豆山地区住民の今後を
大きく左右する重要な事項であり、

執行機関はこの請願を真摯に受け止め、
被災者支援及び
伊豆山地区の復旧復興に向けた
政策を
推進するにあたり、
以下の点に留意し、
適切な
措置を講じることを強く求める

. 生活再建に向けた被災者支援については、
被災者の実態を考慮し、
制度の拡充及び弾力的な運用を
積極的かつ迅速に図ること


. 伊豆山地区の復旧事業については
住民が
再び命の危険にさらされることなく、
安全
・安心
生活を送ることができるよう
取り組むこと。

3、土石流の発生原因及び
事実の徹底的究明とその全ての公開にあたっ
ては、
調査
の実施主体である

静岡県と連携・協力して取り組むこと。

. 請願事項の経過及び結果については、
会期中に
限らず
速やかに議会へ報告すること。

とした、提案書が、
熱海市議会議員を提案者として
越村議会議長
提案された。










村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top