熱海市伊豆山の土石流災害からの早期復旧復興に立ち塞がる大雨の影響と避難指示。

伊豆山の土石流災害から
一ヶ月が経過し昨日までで、
22人が犠牲者となり、
現在もなお。
5人の行方不明者の捜索が続くなか、

熱海市は、

台風から温帯低気圧となった
大雨への警戒を強め、

議会事務局からの連絡によれば、

昨日午後3時に

伊豆山浜地区、岸谷地区、仲道地区に
避難指示を
発令したことがわかった。

避難場所については、

○浜地区はホテルニューさがみや、
○岸谷地区の
道伊豆山神社線より上は熱海リフレッシュセンター、
○岸谷地区の市道伊豆山神社線より下は
大江戸温泉物語ホテル水葉亭、
○仲道地区はハートピア熱海。

また、

東京では月曜日としては、
過去最多の2884が
新型コロナウイルスの感染が確認され、

まん延防止等重点地区に指定された
静岡県でも、
月曜日としては過去最多の、
163人の
コロナウイルス感染を確認され、

熱海市でも、
一人が確認されており、

まん延防止等重点地区指定が解除される、
今月末以降も、

市内経済も含めて、
コロナ渦での
災害復旧へのハードルは高い。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top