ブルネイ・サラダラーム国と熱海市とのホストタウン計画。夢は実現するのか。

コロナ渦で開催された、
東京オリンピック大会が閉幕した。

熱海市は今大会を機に、

ブルネイ・テンサラダーム国との間で、
ホストタウン事業で合意し、
内閣府の認定を受けていた。

ただ、

ブルネイからの参加選手、

ムハマド・イサ選手(競泳)と
ムハマド・ファダウス選手(陸上)及びコーチ陣の

来熱に関しては、

残念ながら、
新型コロナウイルス感染拡大の影響から
実現することはなく、
帰国の途についたが、

熱海市長が
ブルネイの閣僚にプレゼンした
本来の目的である、

1.食の交流(和のハラル)
2.ツーリズム交流による、

観光と経済振興プロジェクトは、

ブルネイサラダーム国を核とした、
全世界に20億人ともいわれる
イスラム教国を
視野に入れたもので、

観光地熱海にとっては
afterコロナ及び、

伊豆山土石流災害からの復旧復興に欠かせない、

国を交えた事業でもある。

熱海市とブルネイ国との、
事後交流に関する、

関係省庁の予算編成については

国が 1/2 を負担、
市が 1/2 を負担することから、

予算を含めた
具体的な
企画提案が要求されており、

熱海市と関連団体との間で
プランがまとまり次第、

財務省や経産省等の
所管課を
訪問することが決まっていた。

(つづく)

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top