(一社)熱海ブルネイ錦鯉振興協会にブルネイ政府より滞在ビザ発給。(1)

昨日、

ブルネイ在住の大河内博氏から、
今月22日に渡航を予定している、

(一社)熱海ブルネイ錦鯉振興協会の、
池田修一代表理事に対する、
滞在ビザが発行されたことを受けて、
その写しが、
ラインで送られてきました。

この招聘は、

ブルネイ政府と
ERIA(東ASEAN・経済研究センター)から

ブルネイのエコツーリズム開発に関して、

錦鯉を輸入して飼育する
実証実験に関する、
レポート作成のための招聘であり、

東京オリパラ大会を機に

内閣府から、
ホストタウン認定を受けた
熱海から

新潟県他の生産農家を通して、
日本の国魚である「錦鯉」を
ブルネイに輸出するという、
夢のあるプランであります。

依頼された事項は、

一般社団法人 熱海ブルネイ錦鯉振興協会殿

熱海市・ブルネイサラダラーム国
ホストタウン合意”事後交流”の一環として

ブルネイの一つの政策に、
テンブロンのエコタウン化があり、
ブルネイ政府は
首都と テンブロンを繋ぐ橋をかけ、

人々の移動や
投資がしやすくなった。

それによっ て、

いくつかの分野において
経済多様化に
乗り出すことが可能となっている。

人々の暮らしの質の向上、
経済開発、
森林保護の観点で役に立ち、

ブルネイにとって
よい発展を遂げることが重要である。

錦鯉飼育は、

テンブロンにおける
エコツーリズム開発の
ひとつの要素として提案され、
それは、

世界的にも水産業として
価値がある分野として

経済発展に寄与 している分野です。

(つづく)

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top