• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 名古屋消防局名東消防署のドローン及び消防二輪車の導入効果について

名古屋消防局名東消防署のドローン及び消防二輪車の導入効果について

小生がドローン活用について
視察研修してきた、
名東消防署は当然、
名古屋市にありますが、

その名古屋市では現在、
明日投開票をむかえる、
市長選に
注目が集まっています。

何かと話題が多く、
逆風吹く、
現職がややリードとの下馬評も
ネット上から読み取れ、
その結果が注目されます。

さて、

名古屋市名東消防署での、
ドローンの視察研修から

地方自治体のドローン導入について
具体的な効果が
浮き彫りになりました。

以下一問一答です。

ードローン及び
消防二輪車の導入効果について、教えてくださいー。

◎ドローンは、災害現場において
地上の隊員からは
目の届かない箇所の確認や、

消防ヘリよりも対象物に接近し、
より明瞭な映像を撮影し
送信することができます。

撮影した映像は、
現場指揮本部だけでなく
警防本部でも確認可能なため、
情報収集能力の
向上が認められています。

消防活動二輪車は、

渋滞等が発生している場所への
早期現着、活動の開始及び
情報収集を
主な目的として導入しています。

その機動力を生かした
初動活動の
迅速化の効果が、

特に
交通事故現場において認められています。

 

ードローン部隊及びバイク隊の概要と視察(見学)ー

ドローン 消防活動二輪車
導入目的 災害現場での情報収集能力の向上 災害時の初動対応活動の

迅速化

運用開始日 平成31年3月20日(消防局)

令和2年10月9日(名東消防署)

令和元年7月16日
機種/車種 DJI MATRICE 200(消防局)

同上    210(名東消防署)

YAMAHA SEROW250
運用人数 3人以上 2人
有資格者 43名(令和3年2月現在)

(消防課 21名)

(消防学校 6名)

(名東署 16名)

9名(令和3年2月現在)

(他育成中6名)

 

 

 

 

 

 

 

 

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment