• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 熱海芸妓組合連合会所属の 置屋数45、登録芸者数72名。(令和2年7月現在)

熱海芸妓組合連合会所属の 置屋数45、登録芸者数72名。(令和2年7月現在)

昨日からお続きです。

また、
冒頭に申し上げた通り、

芸妓衆の窮状を救い、
芸妓文化を熱海の
強いコンテンツとすることが必要であります。

それでは、

芸者さんとコンパニオンさんとの
格差について伺います。

< 立見観光建設部次長 答弁 >

現在のコロナ禍で、
宴席がない状況で、
芸妓、
コンパニオンともに
大変苦労されていることと思います。

なかでも、

芸妓は稽古、衣装、髪結いなど
費用が嵩むことから
より大変であると存じます。

【 再質問⑦ 】

現在の組合所属の置屋数と
登録芸者数について伺います。

< 立見観光建設部次長 答弁 >

令和2年7月現在、
置屋数45、登録芸者数72名です。

【 再質問⑧ 】

熱海をどり及び
華の舞に出演している
芸者さんへの報酬は年間いくらか。

< 立見観光建設部次長 答弁 >

例年4月28日、29日に開催される
「熱海をどり」では、
出演者の報酬は出ておりません。

土日に開催される「華の舞」では、
踊りを披露する

立方の1回の出演料は1万2千円で、

令和元年度では
1人あたり40回前後の出演ですので、
年間50万円程度となります。

【 再質問⑨ 】

芸妓文化の伝承は、
他の町との
差別化、

インバウンド推進のために必要である。

コロナ禍で、
お座敷が無いなかで、

年間50万の収入では
とうてい維持できない。

これまでのスタイルでは
熱海から
芸妓文化は消滅する。

芸者が成り立つ道を探るべきだが、
芸妓組合にはその意識があるか。

< 立見観光建設部次長 答弁 >

組合内でも、
芸妓のあり方について検討されており、
私どもも、

「意外と熱海」プロジェクトを進める

JTBとともに一緒に検討をしています。

(続く)

写真は、
熱海国際映画祭特別招待枠の、
日韓合作映画
「熱海のやまほうし」で共演した、

女優の及川莉乃さんと

小夏さん(熱海芸妓置屋山月所属)

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment