熱海市の不動産価値が上昇中!(地価公示価格発表)afterコロナに希望の光射す!

非常事態宣言解除のあと、
昨日の
新型コロナウイルス感染者数は、
東京都を始め、
大阪や沖縄、宮城県と
軒並み増加傾向にあり、
専門家の予想通り、

5月のGW前後に予想される、
第4波への影響への不安感と、

4月末に予定されている、
ワクチン摂取への期待感も
高まってきました。

また、

昨夜のNHKニュースは、
国土交通省発表の
1月1日現在の
公示地価にスポットを当て、
全用途の全国平均が
前年比で
0,5%のマイナスに転じ、
6年ぶりに下落したと報じ、
下落の原因は、

コロナ 感染の増加が大きく
影響したと分析しました。

ただ、静岡県内では、

熱海市春日町の公示価格が上昇、
首都圏に近く、
新幹線が停車する利便性などから、
人気を集め、
テレワークの需要が伸び
住居変更するケースが多いようです。
また、
小生が居住する
咲見町ビルにも都内の通販会社が
サテライトオフィスとして、
工事を進めており、
これまでの通販事業と共に、
新たに、
ドローン事業を開業予定ですが、
これまでの、

若者観光客に人気の
スイーツ店や飲食店に続き、
afterコロナに向けて、
首都圏からの資本流入が益々期待できる、
熱海の公示価格の上昇です。

 

 

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top