「熱海豆っこ」芸妓組合のマスコットキャラ名に正式決定。関連グッズでふるさと納税返礼品に期待!

熱海を代表するゆるキャラ、
「あつおくん」に続いて、
新たに、

「熱海豆っこ」が

熱海芸妓置屋連合組合の
公式名に決まりました。

キャラクター名は、
応募件数500件以上の中から、
石島拓哉さん(長崎県)の
「熱海豆っこ」が選ばれたことが、
市内各紙に発表されました。

熱海ネット新聞によれば、
その理由について、

お茶目で豆粒のように小さく可愛く、
まめまめしく働きながら、
周りの人を
楽しませてくれる。いうのが
名前の由来だそうです。

名前の決まった、
「熱海豆っこ」は、

ポスター、LINEスタンプ、
シール、マスク、エコバックなどの
製作準備が
始まっているようですが、

西川組合長は、

まめっこを通して
熱海に
芸者がいることを知って頂き、
街中を賑やかにしたい。
コロナが収まれば、
さまざまなイベントに
積極的に参加し、
独自の事業として成功させたい。と
抱負を述べています。

僭越ながら小生も
キャラ名が決まる前から、
熱海市の
ふるさと納税返礼品として、
貢献して頂けるように、

ブルネイ政府に献上した、
IC目覚まし時計に

オリジナル楽曲を
ICチップに吹き込み、
時間と共に
曲が流れるサンプルを、
ゆるキャラと
芸者さんバージョン他を既に制作し、

所管課職員を通して
熱海芸妓置屋連合組合に、
紹介していますが、
採用して頂けるかどうかは未定です。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top