「熱海消防本部」主催の”分散型特別消防訓練”が市内4ヶ所で行われました。

11月に入った昨日は、

熱海消防本部による、
特別消防訓練が行われました。

この訓練は、
11月9日から始まる、
全国火災予防運動を前にして、
市内4ヶ所で開催され、
各消防団団員を含む、
市民が参加しました。

今年は、

新型コロナウイルスの
感染拡大防止の影響で、
各方面隊ごとに、

熱海観光港、長浜海水浴場、
網代・長延寺、
いずみ公園の
市内4ヶ所に分散して、

住宅密集地の火災発生を
想定し実施され、
市消防本部と各方面隊が協力して、
消火活動に当たり、
防災体制を確認しました。

小生も、

昭和60年に体験した、
数少ない
災罹災者の一人として、
命を救って頂いた、
消防本部署員や
各消防団団員の皆様の活動には、
常日頃、
感謝を見守っています。

(参照、写真転載「 熱海ネット新聞」)

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top