• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 日本古来の伝統園芸「盆栽」や植木を新たなるインバウンド促進やふるさと納税返礼品として活用できないか模索する。

日本古来の伝統園芸「盆栽」や植木を新たなるインバウンド促進やふるさと納税返礼品として活用できないか模索する。

先日、

熱海市とブルネイとの、
ホストタウン登録について、

内閣官房東京オリパラ推進本部事務局より、
第23次登録されたことから、

今後イスラム教国との、
新たな
インバウンド促進を視野に、

海外で人気のある、
日本古来の伝統園芸である、

「盆栽」について研究するため、

輸出を始め海外事業を展開する、
「横浜植木」さんに
来訪して頂きました。

盆栽や植木に関しては
輸出規制もあり、
そのままお土産として、
自国に、
持ち帰ってもらうことは
難しいものの、

観光地熱海にとっては、

現在も、
”別荘地”としての側面もあり、

庭や植木、池や鯉など、
親和性のある、

日本の伝統園芸を
ホストタウン合意をきっかけとして、
改めて見直すことで、

一鉢、ん、万円も、
ザラにある盆栽を

”ふるさと納税”返礼品として、
活用できないか、
また、
その可能性についても、

横浜植木産に、

梅園施設や
その他の公園施設を案内し、
専門家としての
ご意見を伺いました。

withコロナ、afterコロナに向け、
経済活性化を模索する、

観光地熱海にとって、
ブルネイとの
内閣府登録となった、
ホストタウン合意を機に、
チャンスの
”お鉢”が回ってくるか、

”インスタ映えする盆栽”の開発も含め、
今後も、
小生にとっての研究課題となります。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment