鈴木智博「地域歴史活性化研究所(戦国魂)」代表来熱!

昨日は午前11時より、

鈴木智博地域歴史活性化研究所(戦国魂)代表と、
熱海市役所4階にある、
副市長にて、
金井副市長及び
小林経営企画部次長と面談し、

映像産業を軸とした
観光産業振興と
地域ブランディンゔ事業及び、
熱海リモートシティ計画事業について、
鈴木氏がこれまで、
多くの自治体と取り組んできた、

地域活性化プロジェクトの説明と、
邪淫ちゃんドロップキック・熱海編の企画について、
約一時間にわたって、
意見交換できました。

地域活性化プロジェクトに関しては、

◎ワーケーション等支援事業、
◎サテライトオフィスの開設等支援事業、
◎テレワーカー向けサービス環境整備事業、

版権を用いた観光・産業振興事業については、

邪神ちゃん・ドロップキック、
千歳市編を例にあげ、

◎既存版権又は
オリジナルコンテンツを版権化し、
観光や産業振興に展開する
事業を業務とする、
・熱海コラボお土産、
グッズ開発支援プロジェクト
(版権許諾、認定、お土産開発)
・版権開拓事業
(展示会出展、ネット販売、BtoB
商品開発セミナー実施)
・海外販路開拓事業
(ブルネイを始めとする国際販売事業)
・オリジナルアニメコラボイベントの実施など、

鈴木氏は、
具体的な成功例を上げて説明、
それを受けた、
副市長と次長は、
熱海市として、
アフターコロナに向けた、
優先順位についての、
意見交換を行い、次回も、

今回の面談で、
行政から提案されたテーマに沿って、
更に突っ込んだ、
話し合いをすることで、
散開しました。

詳細については、
双方のタイミングを見計らい、
掲載する予定です。

 

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top