• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 今年の「熱海市総合防災訓練」はコロナウイルス感染拡大の影響でメイン会場を「伊豆山小学校」に小規模開催。

今年の「熱海市総合防災訓練」はコロナウイルス感染拡大の影響でメイン会場を「伊豆山小学校」に小規模開催。

全国的な大雨で、
各地で
甚大な被害が発生している最中、
今後は、
茨城県を中心に、
大地震の前触れなのか、
震度4の
地震が発生しました。

コロナに怯えるなか、
追い打ちをかけるような、
自然災害を前にして、

気のせいか、
新元号になってから、
これまでに
経験したことのないような、
負の連鎖が
続いているようですが、

熱海市では、

令和2年度の
熱海市総合防災訓練を、
規模を縮小して
実施することとなり、
昨日、
議会事務局を通じて、
連絡がありました。

本年度の訓練においては、

新型コロナウイルス
感染拡大防止の観点から、

例年の訓練のような

住民参加型の訓練は行わず、

メイン会場(伊豆山小学校)において、

主に

新型コロナウイルス等
感染症対策に対応した
避難所運営訓練を
実施することとし、

他の地区においては、

訓練実施日前後に
各避難所における防災資機材・
備蓄品の点検を
行うこととする旨の
報告がありました。

★令和2年度熱海市総合防災訓練

1.開催日時

令和2年8月30日 午前9時~午前11時

2.開催場所
メイン会場:伊豆山小学校

※その他の避難所においては、
上記訓練実施日前後に、
自主防災会役員
(避難所 運営担当)と
避難地班員において
防災資機材・備蓄品の点検を行う。

3.訓練参加者
伊豆山地区自主防災会
(避難所運営担当役員)

伊豆山小学校教職員
(避難所運営担当) 市職員(避難地班員)

担当 危機管理室 小島 電話 86-6443

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment